裁判所前で女性刺殺!犯人の顔画像や名前・被害者との関係は?

スポンサーリンク








こんにちはカポです!

痛ましい事件が起きてしまいました・・・

3月20日午後未明東京都千代田区の東京家庭裁判所の前で女性がナイフで首を刺されるという事件が起こってしまいました。

犯人はすぐに取り押さえられ現行犯逮捕れたとのことですが、その後刺された女性はすぐに救急車で病院に搬送されたものの搬送先の病院で亡くなったとのことでいした。

今回何故このような事件が起きてしまったのかそして犯人はどんな目的で犯行に及んだのかなどかなりになる点が多いですね。

そして今後犯人はどのように裁かれていくのか

なので今回はこの事件について今公開されている情報などをもとにまとめていきたいと思います。

それではよろしくお願いします。

裁判所前で女性刺殺!被害者との関係は?

まず今回くしくも被害に合われた女性の方の情報に関しては年齢が31歳であるという事がわかっているだけです。

そして犯人についてはなんと被害者女性の夫だったそうです。

二人は離婚調停中で裁判で東京家庭裁判所を訪れた際に待ち伏せて刺したのではないかとされています。

凶器はバタフライナイフだったそうですがその他にも3本ナイフを用意していたようです。

凶器のナイフで被害者女性の首を3回ほど刺したとのことです。

近くにいた方がすぐに警察や救急などを呼びました。

そのあと犯人は日比谷公園方面に逃走するも駆けつけた警察に取り押さえられ現行犯逮捕されたそうです。

犯行の際の凶器で自分の手も傷つけてしまったらしく一度釈放し回復をみて警察で事情聴取を行うとのことです。

ナイフを3本所持していたということからかなり用意周到なのがわかりますね。

しっかりと犯行の意思があったことの裏付けになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

判所前で女性刺殺!犯人の顔画像や名前

犯人の顔や名前についてはまだ情報が公開されておらず正確な情報は確認できませんでした。

今のわかっているのは

・被害者女性と離婚調停中であった夫

・米国人であるということです。

追加情報があれば随時更新していきたいと思うので続報をお待ち下さい。

そして今回犯人はなぜこのような犯行に及んでしまったのかについてですがやはり離婚調停中に何かしらのトラブルがあった可能性が高いと思われます。

事情聴取が行われてない為、まだ正確な情報があるわけではないですが待ち伏せをしていたことや凶器を持っていたことから衝動的な犯行なのは確かです。

一説によるとDV夫に困り果てた上で離婚に踏み出したことにたいし夫が逆上したのではないかとのことです。

事件の場所であったり今の夫婦の状態など状況的にはそうであってもおかしくはないですよね。

今後の犯人の供述によって罪の重さも変わってくるかと思いますがどんな理由があれ許されることではないのでしっかり制裁を受けるべきですね。

SNSでの反応

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は東京都千代田区の東京家庭裁判所前で起きた女性刺殺事件について書かせていただきました。

こんなことが白昼堂々と起こったと知ったときには驚きを隠せなかったです。

なぜこのような結果になってしまったのか何度考えても理解できません・・・

そしてなによりも尊い命が一つ失われたということにただただ悲しい気持ちです。

どんな理由があるにせよ命を奪うことをしてはいけません。

そんなこと当たり前なんです。

犯人はそれ相応の報いを受けるよう司法でしっかりと裁いてほしいですね。

そしてこの事件に関してはまだまだわからない点が多い部分もあるのでこの追加情報があれば随時記事を更新していきたいと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

 

 

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です