さがみ駅前交番ブラジル人突然死の原因は?名前や顔画像も調査!

スポンサーリンク








こんにちは!カポです!

神奈川県海老名市海老名所さがみ駅前交番にて公務執行妨害で現行犯逮捕されたブラジル人容疑者が突然死するという事件が発生しました。

交番に来たブラジル人容疑者は交番で暴れだすという意味不明な行動をとっており

対応した男性巡査部長に交番にあったパイプ椅子を投げつけたり奇声を上げたりと突然のことだったそうです。

応援に駆けつけた警察官たちがなんとか取り押さえらている状態の時に動かなくなり病院に搬送されたとのことです。

いったいブラジル人男性に何があったというのでしょうか?

以前事件は調査中のところも多いとのことですが今回は既存で出ている情報などをもとに事件の原因やブラジル人容疑者の詳しい情報など徹底的に調べていきたいと思います!

さがみ駅前交番ブラジル人突然死の原因は?

先程もお伝えした通りさがみ駅前交番で突然暴れたブラジル人男性は同署警官たちに交代で取り押さえられているところで動かなくなったとのことです。

そのあと病院にすぐに搬送するも死亡が確認されました。

死亡の原因については調査中ということで厳密にはまだわかってない状態です。

ですが今回そのブラジル人男性の行動を振り返って見るとある可能性が浮かび上がってきます。

それは”薬物”です。

まず自ら交番に訪問する↓

これは何かしらの罪を自首しに来た可能背が高いです。

しかし自主なんてそうそうするものではないと思います。

そこで考えられるのは薬物による意識の混濁で判断がかなり鈍っていたのではないかという点

意識が混濁する中、警察に行けばなんとかしてくれるのではないか?

と考えさがみ駅前交番を訪れたのではないでしょうか?

そして次に突然暴れだした件

これにかんしても薬物による意識の混濁による可能性が高いですね。

薬物常用者は気分の浮き沈みも激しく突発的な行動をとりやすい傾向にあるので

交番に来たまではよかったものの警察に捕まってしまうという感情が脳裏を支配し

付け加え意識混濁状態なのでいきなり暴れだすという行動に出たのではないでしょうか?

そして極めつけはその死亡原因ですね

実際にはまだ調査中ですが、取り押さえていて突然動かなくなったとのことです。

流石に取り押さえられていたことが死亡原因だとは考えにくいです、

となるとそこも薬物の可能性が高いですね。

あくまで推測ではありますが今回の実際の行動や犯人の症状を加味すると薬物の大量摂取によりオーバードーズしてしまったのではないかと予想されます。

スポンサーリンク

 

さがみ駅前交番ブラジル人容疑者差名前や顔画像

調査してみましたが現状死亡したブラジル人容疑者の名前や顔お画像は確認できませんでした・・・

わかっているのは

ブラジル人であること

年齢が39歳であること

男性であるという事です。

もし今後詳細が分かれば随時この記事を更新していきたいと思いますので続報をお待ちください!

SNSの反応

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は神奈川県海老名市海老名署さがみ駅前交番でおこったブラジル人男性突然死事件について調査していきました。

上記では情報をもとにしたあくまでも可能性のお話をさせていただいたに過ぎないので事実とことなった場合はご了承ください。

ですが取り押さえられていたことが原因で死亡というのはどうしても考えにくいですし、いきなり暴れだしたということも鑑みると可能性は大いにあるのではないでしょうか?

なにはともあれ事件内容はいろいろと怖い部分をはらんでいますね。

今回ボクの推測では薬物の大量摂取ではないかということでお伝えさせていただきましたが

そうだった場合今回は警察だったからよかったもののその矛先が一般市民の方々に及ぶ危険性も十分に有り得ると言う点が怖いところです。

そうなった時に社会や行政はどのように対応していくのでしょうか?

事件が起きてからではもちろん遅すぎるので早急な対応を願いたいばかりです。

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です