マツコの知らない世界田辺玲子おすすめ粉引飯碗とは?値段や通販は?

スポンサーリンク








こんにちは!カポです!

みなさんテレビ番組「マツコの知らない世界」をご存知でしょうか?

様々なジャンルの専門家たちがマツコ・デラックスに自身の自慢の情報を紹介していく番組です。

毎度マニアックなジャンルの専門家たちが出ていてすごく興味をそそられますよね。

今回はそんなマツコの知らない世界の4月16日放送にて様々な茶碗を紹介していくということでこちらもすごく興味深い内容となっています。

紹介をする専門家の方やどんな茶碗が出てくるのかなど気になりましょね。

そしてお茶碗いえば日常的に使う食器の一つでもあるますのでこれを機によいものを揃えてみるのもいいかもしれません。

ということで今回はマツコの知らない世界に出てくる茶碗や紹介している専門家の方について調査していくます!

それでははりきっていってみましょう~!

マツコの知らない世界田辺玲子って誰?

今回マツコの知らない世界で茶碗を紹介するのは田辺玲子さんという方です。

もちろん紹介をするからにはその道の専門家ではあるのですがどういった経歴の方なのか事前に分かれば内容の説得力も増しますよね(笑)

というわけで簡単にプロフィールをまとめてみました!

~田辺玲子プロフィール~

名前:田辺玲子(たなべれいこ)

職業:経営者

2016年結婚

経営店舗:うつわ ももふく

というわけで田辺さんは自身が経営される「うつわ ももふく」という店舗で様々な器を販売しているようです。

うつわ ももふくの店舗詳細:

うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14-101
Tel/Fax 042-727-7607
営業時間 : 12時~19時
日・月・祝休
※各種クレジットカードご利用いただけます。

引用元:https://www.momofuku.jp/about/

こどもの頃から「空間」を作ることが好きだったようで、建築系の専門学校に通い

卒業後は住宅メーカーや設計事務所で図面を作るお仕事をされいたようです。

その後フリーランスに転身し、食器棚などの図面を書くことも多かったそうです。

それに関連して食器などのいろいろな”器”にふれる機会が多く自身も自称するほどもともと大の器好きで有ることから

もっと素晴らしい器を多くの人に広めたいと思い、器屋としてうつわ ももふくを開業されたようです。

田辺玲子おすすめ粉引飯碗とは?

今回のマツコの知らない世界で紹介が予定されている器の中で引飯碗(こひきめしわん)について詳しくまとめていきたいと思います。

粉引飯碗とは高麗茶碗の一種で中国は李朝初期~中期にかけて全羅南道の長興、空城、高興の順天で焼かれていたといわれています。

名前の由来はその見た目が粉が吹き出した様に見えるからだと言われています。

一説によると李朝では白磁の器国王専用とされていたようで一般庶民は使うことを禁止されいたようです。

その為、代用品として生まれたのが粉引飯碗だと言われているようです。

かなり昔からあったものでなかなかに深い歴史があったということですね。

今ではもちろん一般的に売られているようですが趣がある作品が多く愛用されている方は多くいるそうです!

粉引飯碗の通販や値段は?

田辺玲子さんが経営されている店舗うつわ ももふくはホームページもありそちらのオンラインショップにて粉引飯碗も購入が可能です!

値段は3888円(税込)とお手頃となっていますので興味があれば是非購入してみてください!

うつわ ももふくオンラインショップ:https://utsuwa-momofuku.com/?pid=141742007

田辺玲子おすすめの器

田辺さんはご自身のSNSで様々な器を紹介しています。

お店にも随時センスがある素晴らしい器を入荷しているようなので合わせてチェックしてみてください!

 

View this post on Instagram

 

相模原の増田勉さんから器が届いています。 ・ ・ 増田さんは、安曇野に工房を移転なさったのですけれども、今回ご紹介するのは相模原時代の作品なので「相模原の増田さん」ってご紹介しています。 ・ 移転すると、当然、窯もお引越しをするわけですが、陶芸の窯は動かすと、窯の内部の調子が変わってしまうのです。 ・ なので、今までと同じ焼き上がりになるまで、しばらく時間がかかる、今年の後半には、また同じように出せるところまでもっていきたい、とおっしゃっていました。 ・ そんなにかかるんですかー!と驚くわたし。 ・ 一見、シンプルに見える器たちですが、実は、いろいろ複雑な要素が絶妙なバランスで成り立っているものだったりするのです。 #ももふく #器 #うつわ #増田勉

うつわ ももふくさん(@utsuwa_momofuku)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

1月開始、天野志美(アマノシトミ)さんの金継教室の募集を開始します。 ここ数年で「金継」という言葉が、 たくさんの方々に知っていただけるようになったように感じています。 それでも「金継」をやったことのある方は、まだまだ少ないですよね。 そこで、今回は「はじめての金継教室」として、 はじめての人にもわかりやすい手順で、 天野さんが教室を開いてくれることになりました。 「欠けてしまったり、割れてしまった器を、自分で金継してみたい」 という方は、是非、金継教室にいらしてください。 今回の教室は全部で6回のコースで、 通しで毎回参加できる方が対象です。 樹脂系の「新漆」で直す方法ではなく、 「漆」で継ぐ本格的な金継を、お教えします。 本やネット等では学べない金継の仕方と、コツを、 ちょっと時間をかけて学んでくださいね。 教室の期間中に、 「欠け」のある器をひとつ、 「割れ」ている器をひとつ、 を仕上げます。 ■開催日時 1回目 1月26日(土) 13時〜15時 2回目 2月2日(土) 13時〜15時 3回目 2月23日(土) 13時〜15時 4回目 3月9日(土) 13時〜15時 5回目 3月23日(土) 13時〜15時 6回目 4月6日(土) 13時〜15時 ※1回目から6回目まで通しでご参加ください。 原則として振替はありません。 ■講師:天野志美(アマノシトミ) ■定員:6名 (最小催行人数4名) ■受講費:受講費29,160円(税込み) 事前に一括払い ※道具類は全て貸し出しします。 (仕上げの際に金粉、銀粉等をご希望の場合は、別途費用がかかります。3000円〜) ■お支払方法:銀行振込またはゆうちょ振込(お申し込みから1週間以内にお振込みください) ■参加資格 : 初心者の方 ■ご用意いただきたいもの: ・直したい「割れの器」1客 、「欠けの器」1客ずつ、 どちらも器の大きさは径15cm 高さ10cm以内でお願いします。 ※器が無い場合は事前にご相談ください。 こちらでご用意します。500円〜←骨董市で調達します ※直している途中の器は、こちらでお預かりします。 ※道具類は全て貸し出しします。 ・エプロン ■キャンセルについて キャンセルの場合は、必ずご連絡ください。 また下記のキャンセル料が発生します。 ・連絡なしの不参加:受講費の100% ・開催2日前まで:受講費の10%を事務手数料として申し受けます (返金振込手数料が別途かかります) お申込みはメールでお願いします。 件名に「金継教室参加希望」として、以下をご記入の上お申し込みください。 ・お名前・お電話番号・メールアドレス メール宛先 momofuku@momofuku.jp ※なお、漆はかぶれることがございます。まれに強いアレルギーをお持ちの場合もございます。漆のかぶれ等に関しまして医療保障等は負いかねますことをあらかじめご了承いただき、ご参加をご検討ください。 ご応募おまちしております。 また、以前に講座に参加なさった方の補講、また、自分でできるけれどもわからない箇所だけ聞きたい等がございましたら、教室開催日の15時以降で個別に対応します。1回4860円。 ご希望がございましたらご連絡ください。

うつわ ももふくさん(@utsuwa_momofuku)がシェアした投稿 –

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はマツコの知らない世界で紹介予定の茶碗粉引飯碗や紹介する専門家、田辺玲子さんについて書かせていただきました。

先程もお伝えしましたが田辺さんは粉引飯碗以外にも様々な器をお店などで取り扱っておりその商品はどれもハイセンスで趣がある渋いものばかりでした。

マツコの知らない世界でも田辺さんは使うお茶碗によってご飯の味も変わってくるとおっしゃっていたので僕も購入してどんな違いがあるのか是非体験してみたいです!

本編でも沢山の茶碗が紹介されると思いますので是非チェックしてみてください!

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!!

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です