東大阪逃走バイク事故犯人の名前や出身高校はどこ?

スポンサーリンク








こんにちは!カポです!

昨日5月22日未明に東大阪は生野区東小路という地域でナンバープレートを付けておらず蛇行運転をしていたバイクを補導しようと停車を呼び掛けたところ

バイクは止まらず逃走をし赤信号無視や一方通行の通路を逆走するなどしたそうです。

そんな中、警察側も追跡を続けましたがバイクは運転を誤り、脇道の住宅に突っ込んでしまい横転

バイクは2人乗りをしていたらしく10代と思われる男女が重症で病院に運ばれたそうです。

すぐに病院に搬送されましたが、バイクを運転していた16歳高校生の男子が死亡するという自体になってしまいました。

二人乗りの後ろ側に乗っていた女子は命は落としませんでしたが重症だとのことです。

住宅の住人には幸い怪我はなかったようですが死者が出るという悲惨な事態になってしまいました。

今回なぜこのようなこと起こってしまったのか?

気になる点を徹底調査していきたいと思います。

それでははりきっていってみましょう~!

スポンサーリンク

 

東大阪逃走バイク事故犯人の名前や出身高校はどこ?

今回事故を起こして死亡してしまった16歳高校生の男子についてですが、やはり未成年とのことで報道で名前は客員出来ませんでした。

死亡した、男子は大阪東成区の高校に通う高校2年生であるようです。

名前は特定出来ませんでしが東成区の高校に通う生徒ということだたので

検索してみたところ

大阪府立成城高等学校

という高校がヒットしました。

あくまで現状の情報を元に推測したに過ぎませんが東成区ピンポイントとなるとこの高校がベストなので参考までに

しかし夜23時に高校生がバイクを恐らく無免許で走らせるとは少しやんちゃな子だったのかもしれませんね。

交通違反をしたことは感心できませんが、死亡してしまったとなると悲しいですね。

学生ということもあり警察に補導されれば高校や親にも知れることとなる

そういった点が彼を焦らせてしまったのかもしれません。

この県に関しては

大阪府警察本部地域部第1方面機動警ら隊の浅野明宏副隊長も「追跡行為は適正であったと考えているが、追跡された方が亡くなられたことは大変残念だ」とコメントしており事故を起こした当事者の責任は大きいと思いますが悔やまれる結果となりました。

今回事故にあった2人ついての情報は現状あまり出てないので以上となりますが何か新しいお知らせがあった際には随時ご報告させていただきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は東大阪で起きた悲惨なバイク事故の事件について調査していきました。

交通違反をした男子生徒の責任は大いにあると理解していますが、まさか死亡するとは誰も予測しませんよね。

あとの祭りですが、呼び止められていた際に逃走すると考えるのではなく諦めて補導されていればこんなことにはならなかったんじゃないか?

と考えずにはいられな状態です。

しかしこれを教訓に今後は学校側や親御さんが二度と同じような事故を起こさないように生徒1人1人をしっかり教育指導してほしいです。

関西の特に大阪の学生ともなれば血気盛んでコントロールするのは難しいかもしれませんが、そこで怠ってしまうとまた同じ事故が起きてしまうかもしれません。

学生の皆さんや地域の方々がより良く過ごして行けるよう、締めるところはしっかりしめてみんなで協力してほしいと思います。

僕カポもこのこの事故を受け自分の周りでも学生さんなど夜出歩いている際にはすぐに警察などに連絡し安全を守れるよう努めたいと思います。

この記事を見ているみなさんも一緒に地域は様々だと思いますが、こんな事故を未然に防げるように学生など未成年の子たちを見守って行きましょう。

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

 

こちらも合わせてチェックしてみてください!↓

田口淳之介麻薬所持逮捕の真相がヤバイ?今後の活動も気になる!

大阪府警ヘリコプターネジ飛行中にネジが外れた原因や被害額を調査!

関東西部運輸違法労働の原因は?役員の名前や顔画像公開!

さがみ駅前交番ブラジル人突然死の原因は?名前や顔画像も調査!

 

スポンサーリンク








1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です