激レアさん24時間マラソンで優勝しまくりの人って誰?名前や経歴を調査!

スポンサーリンク








こんにちは!カポです!

今回はこのブログでは恒例になりつつある人気バラエティ番組「激レアさんを連れてきた。」の6月15日放送回について送りしていきたいと思います。

今回のゲストはレース距離が250km以上という「24時間マラソン」で優勝しまくり、世界最難関のレースを制する大偉業を達成した人

ということでこれまた超人的な意味でヤバイ人が出演するようですね。

このキャッチフレーズだけでも相当にすごい人であることはわかるのですが、その経歴やどのような人物なのか、気になる点がたくさんありますので詳しく調査していきたいと思います。

これまたぶっ飛んだ経歴となりそうです(笑)

それでははりきっていってみましょう~!!

スポンサーリンク

 

激レアさん24時間マラソンで優勝しまくりの人って誰?

6月15日放送の激レアさんゲストレース距離が250km以上という「24時間マラソン」で優勝しまくり、世界最難関のレースを制する大偉業を達成した人

石川佳彦(いしかわよしひこ)さんという人物である事がわかりました。

 

~石川佳彦プロフィール~

生年月日:1988年4月25日

出身地:徳島県鳴門市

所属:日亜化学工業

 

石川さんは高校時代に陸上部に入り3,000m障害競技などの選手として頑張っていたのですが、なかなか記録が伸びず悩んでいました。

そんなとき自分を見つめ直し「同じ競技で負け続けるのではなく他の競技だとしても自分が一番になれるものをしよう」と決意し

自分が一番になれる競技とは何かを探し始めます。

そんな中、転機となったのが高校卒業後、就職してから市民ランナーとなりフルマラソンに兆円し始めた頃です。

20歳でフルマラソンを走り、24歳で100kmマラソンにも挑戦しました。

そんな中、めきめきと記録を伸ばし始め、ついに2012年6月17日に開催された、隠岐の島ウルトラマラソンという100kmマラソンで初優勝を果たします。

それをきっかけに自分が一番になれる競技はこれじゃないかと思い、本格的にマラソンランナーを志すことになりました。

そこで100kmマラソンの日本代表を目指すのですが、2016年の選考レースでまさかの敗退。

しかし、これをきっかけに24時間マラソンへのチャレンジを決意した石川さんは2017年の北アイルランド・ベルファレストで開催されたIAU24時間走世界選手権267.566kmという記録を叩き出し見事優勝を果たします。

そして世界ランキング1位となった石川さんは本当の意味で自分が一番になれる競技を見つけることができたのです。

その後も世界で最も過酷と言われるウルトラマラン、スパルタスロンでも優勝を収めるなど、国内外問わず様々な賞レースで優秀な成績を収めており

世界が認める24時間マラソンのトップランカーとして今もなお活躍されています。

石川佳彦選手のランニングシューズに注目!

今まであまり、ランニングシューズにこだわりが無かった石川さんが、スパルタスロンに向けてランニングシューズを見直しているということで、注目しているOn”というランニングシューズが今話題となっているようです。

恐らく知っている人は知っている世界ランカーの選手も愛用しているランニングシューズで、競技者から注目を集め、今や一般の方たちにも人気が出てきているようです。

石川さんいわく疲労感がぜんぜん違うようで、かなり走りやすくなるとか!

興味のある方は是非チェックしてみてください!

→”On”の購入はこちらから

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は6月15日放送の激レアさんゲストレース距離が250km以上という「24時間マラソン」で優勝しまくり、世界最難関のレースを制する大偉業を達成した人

こと石川佳彦さんについてお送りしていきました。

日本が誇る、ウルトラマランの世界的選手だったのですね。

高校時代の陸上部での挫折から、始まり世界一となるというこれまた現実は小説より寄なりといいますか(笑)

自分が得意とするものはどこでどのように開花するのかわからないものですね(笑)

今後も目が話せない石川佳彦さんを応援していきたいですね!

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です