九州大雨通行止めによる代替路はどこ?無料開放区間や時間を調査!

スポンサーリンク








こんにちは!カポです!

8月ももう終わりに近づき夜など涼しい時もありますが、やはり昼間は高気温ということで、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今年は6月お梅雨の季節、例年ほど雨がふらなかった地域が多かったせいなのか、大雨が続くことが間々ありますね。

それに加え、夏ということでこちらは例年通りですが、台風が押し寄せ猛威を奮っています。

台風までとは行かずとも、大きな低気圧により先程もお伝えしたように、暴風や大雨が続くこともあります。

そんな中、今回は「九州大雨通行止めによる代替路はどこ?無料開放区間や時間を調査!」ということで、お送りしていきたいと思います。

台風などの災害が日本に訪れるときは沖縄、九州からという形にどうしてもなってしまいますが、今夏も皆さん知っての通り凄まじい被害が出ています。

佐賀県内の国道が現状交通規制されてしまっているということで、規制中の国道を使うよ!という方はかなりお困りかと思います。

なので、その代替え路となるところが、ないか調査していきたいと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサーリンク

 

九州大雨通行止めによる代替路はどこ?

冒頭でもお伝えしたとおり、現在佐賀県の一部国道は大雨の影響により通行止めとなっているようです。

具体的に言いますと、現状確認しているもので、国道34、35号線の一部が交通規制されているようです。

それに伴い、九州地方整備局と西日本高速道路は、長崎道と西九州道の一部区間を無料開放しそちらを代替路として使うよう呼びかけている状態です。

通行止めの解除は今のところされていないようなので、もしどうしてもその方面に移動が必要な方は、無料開放されている区間を使わざる負えない状況となりますね。

危険な状況なので、自宅や県指定の避難場所など安全なところで待機して置くのが一番だとは思いますが、いろいろな事情があると思うので、移動が必要な場合はしっかり把握しておきましょう!

九州大雨通行止めによる無料開放区間や時間は?

代替路として九州地方整備局と西日本高速道路が発表している長崎道と西九州道の一部区間ですが、

長崎道が佐賀大知インターチェンジ~嬉野インターチェンジ間

西九州道が武雄ジャンクション~佐世保大塔インターチェンジ間

が8月28日21時半から無料開放しているようです。

期間は未定ということなので、変更があれば新たな発表があると思います!

※記事執筆時の情報ですので変更がある可能性がございます、事前に各局のホームページなどで確認お願いします。

そして注意していただきたいのが、長崎道でも武雄北方インターチェンジ~嬉野インターチェンジ間は一般車両は通行止めとなっているようなので、こちらも事前にチェックしてから移動をお願いします!

まとめ

今回は「九州大雨通行止めによる代替路はどこ?無料開放区間や時間を調査!」と題してお送りしていきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

冒頭でもお伝えしていますが、まずは安全第一なので、できれば自宅や避難所での待機が望ましいと思うのですが、事情がありどうしても移動してないといけないという方はぜひこの記事を参考にして見てください。

僕自身台風のときに車での長距離移動をすることがあり、移動中に交通規制がかかったので身動きが取れない状況におちいったことがあります。

そのようなケースは稀だと思いますが、本当に保険をかけまくって、細心の注意を払いましょう。

そして、当たり前ですが、災害の状況はリアルタイムで変わっていくと思うのでそれに伴い交通規制の状況も変化していくと思います。

こちらも先程お伝えしたことになりますが、しっかりと各局の情報をこまめにチェックして、なるべく安全なルートで移動しましょう!

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です