KingGnu新曲「泡」に込められた意味は?歌詞や発売日も気になる!

スポンサーリンク








皆さんこんにちは!カポです!

僕が今絶賛ドハマり中のロックバンドKing Gnuが新しい楽曲を発表するということで、テンションぶちあがっております(笑)

新曲のタイトルは「泡(あぶく)」

どんな曲かすごく気になりますね!

なので今回は「KingGnu新曲「泡」に込められた意味は?歌詞や発売日も気になる!」と題してKing Gnuの新曲「泡」に込められた意味や歌詞など気になる点を深堀していきたいと思います!

それでははりきっていってみましょ~!

スポンサーリンク

 

KingGnu新曲「泡」に込められた意味は?

ここ最近、ライブにイベントにテレビ出演にアルバムリリースにとかなり大忙しだったKingGnuですがひと段落して動き出すのはもう少し後かななんて思っていたのですが、そこにきての新曲発表ということでうれしいですね!

先ほどもお伝えした通り、新曲のタイトルは「泡」です。

この新曲「泡」は俳優藤原竜也さんと竹内涼真さんが秘密組織のエージェントを演じる2020年5月公開予定の映画「太陽は動かない」の主題歌として起用されているようで

楽曲自体も映画の為にギターボーカルの常田大希さんが書き下ろしたとのことです。

作詞・作曲をした常田大希さんは映画「太陽は動かない」を見てから制作を行ったようで

「運命の不条理さとそれでも生きることの尊さを再確認できました。」

「泡のようなこの世界に乾杯」

とコメントしています。

映画のメッセージを色濃く楽曲に反映させたようですね。

苦悩や葛藤、理不尽いろいろな感情が交錯したり、自分の置かれてりる立場も明日には変わっているかもしれないという中で、そんな沢山のことが起こっていても

泡のようにあっけなく弾けて消えてしまう、そんな切ないメッセージを楽曲から感じますね。

KingGnu新曲「泡」の歌詞や発売日は?

KingGnu新曲「泡」これはいち早くちゃんとした状態で聴きたいところですね~

映画は激しいアクションなのですが、「泡」は切ないメロディーの楽曲でそのギャップが死に向かうレクイエムかのようでしびれます!

そんな気になるKingGnu新曲「泡」ですが、まだフルバージョンは公開されてないようなのですべてとはいきませんが、わかる部分だけでも歌詞をお届けできたらと思いまとめてみましたのでどうぞ

とここまでですが、しかしこれだけでも楽曲の世界観が伝わりますね!

呆気ない運命

泡のように消えた

というフレーズが個人的には心にグサッと刺さりました。

人が死ぬのはすごく悲しいんだけども、死は誰にでも訪れてどれだけもがいても呆気ないと比喩されているかのようで、本質を突かれてゾクッとする感じがたまりません。

ブラックミュージックに影響を受けているだけあっていい感じにアンチテーゼを匂わせる表現の仕方で秀逸だなと感心しきってしまいますw

そんなKingGnu新曲「泡」ですが、まだ発売日は残念ながらまだ発表されて内容です。

しかしl、映画公開に関連してタイアップすると思うので、近々発売日もわかるのではないかと予想します。

なのでわかり次第記事を更新いたしますのでお楽しみに!

 

ちなみに余談ですが、King Gnuの前身バンドSrv.vinci時代にもABUKUという曲があるようですよ!

まとめ

今回は「KingGnu新曲「泡」に込められた意味は?歌詞や発売日も気になる!」と題してお届けしていきましたがいかがでしたでしょうか?

KingGnu新曲「泡」切なくてとっても心に刺さる楽曲ですね~

先ほども少しお伝えした通り、個人的には歌詞がすげえいいですw

常田さんの歌詞の表現の仕方は人の感情の言い表すに難しい部分をすごく絶妙に言い表していると思います。

いったいどこから出てくるんだマジてw

これからも目が離せないKingGnuに期待が高まります!

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です