安倍首相星野源との動画コラボが政治利用と炎上?ネットでの反応まとめ!

スポンサーリンク








こんにちは!カポです!

皆さん、新型コロナウイルス感染症が大流行している、最中どのようにすごしているでしょうか?

外出自粛で自宅にいる人や職業柄どうしても仕事に出勤しないといけない人など様々だとおもいますが、やはり基本はあまり外出しないよう努めていると思います。

そんな中、沢山の芸能人や著名人がSNSやYouTubeなどの動画サイトにて外出自粛を呼びかける発信が話題となっていますよね。

特に注目されてる発信の一つとしては星野源さんの「うちで踊ろう」と題して、外出自粛を呼びかける歌を星野源さんんが歌う動画が話題となっています。

この動画のすごいところは、引用していいと星野源さんご本人が公言しており、実質著作権フリーのような形となっています。

なので、有名アーティストや芸能人、インフルエンサーから果てはプロミュージシャンまで様々な人がこの動画に合わせて一緒に歌ったりなど様々な発信を「うちで踊ろう」を引用して行っています。

そんな中、現日本の総理大臣である安倍晋三首相もこの「うちで踊ろう」を使って自身のTwitterで動画を発信したことで賛否両論が出ています。

そこで今回は「安倍首相星野源との動画コラボが政治利用と炎上?ネットでの反応まとめ!」と題して

星野源さんの「うちで踊ろう」を使って安倍首相がツイートした動画について詳しく調査していきたいと思います。

それでははりきっていってみましょ~!

スポンサーリンク

 

安倍首相星野源との動画コラボが政治利用と炎上?

先ほどお伝えした、星野源さんの「うちで踊ろう」を引用した動画をTwitterで発信したもの上記のものとなります。

動画を見る限りは、画面半分が星野源さんの「うちで踊ろう」の動画でもう半分が安倍首相が読書をしながらお茶を飲んだり、犬と戯れたりといった、自宅で過ごす日常を動画としている形となります。

安倍首相は外出自粛を呼びかけるメッセージと新型コロナウイルス感染症が蔓延してしまっていて感染して苦しい方や経済的に苦しい状態の人も多いですが、日常を過ごせるよう頑張ろう!

そういったメッセージがあるのを感じたのですが、新型コロナウイルス感染症で大変な現状がある人達を中心にこのツイートが物議をかもしています。

その背景としては、マスク2枚配布や現金給付の給付条件のことなど、新型コロナウイルス感染症に対する、安倍首相の対応から批判をする人も多々出てきている状態でした。

そんな批判意見の中、多いのが「安倍首相はお金に困ったことがないからわからないんだ」という意見です。

有名なところでいうと、上方噺家、タレントなど様々な肩書で活躍されている、3代目 桂 南光さんなども、「安倍さんはボンボンやから庶民の気持ちがわからへん」といったような発言を自身が出演する番組で発言していたりといったことがあり、安倍首相の新型コロナウイルス感染症に関する経済的対応が国民に寄り添ってないという、気持ちを持っている方々が多数出てきていて、世論のストレスが大きくなってきているタイミングで今回の安倍首相の「うちで踊ろう」を引用したツイートを発信したことにより、批判をする人が出てきており、炎上しているのではないか?と思いました。

動画自体も大変な現状の中、優雅に過ごしている姿が、より一層見た人を煽っているように映ってしまった人が少なからずいたということです。

そんなさまざまな状況や思いから炎上に繋がってしまったのではないかと思います。

ネットでの反応は?

 

 

 

 

まとめ

今回は「安倍首相星野源との動画コラボが政治利用と炎上?ネットでの反応まとめ!」と題してお届けしていきましたがいかがでしたでしょうか?

安倍首相の発信の真意はわかりませんが、政治利用と言われたりしてあまり印象がいいものではないのではないかと思いました。

国民の皆さんに健やかに過ごしてほしいという思いがあったのかもしれませんが、誰もが納得するような意見を常に言わなければいけない総理大臣という立場から、下手に民衆のいヘイトを煽ってしまいかねない発信をしてしまったことは配慮が欠けていたのではないか?と思うところもありますよね。

そして何より、星野源さんはとばっちりもいいところだと思うので、これをきっかけに「うちで踊ろう」を引用する人が減ったりしたり、批判を受けるようなことがあればすごく残念です。

そんなことがないことを祈りるばかりです。

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です