【爆報!THEフライデー】カルロス・トシキの現在がヤバイ!職業や収入は?

スポンサーリンク








こんにちは!カポです!

みなさん最近は緊急事態宣言が出たこともあり、外出自粛がさらに本格的になっていますね。

家にいることが多い時こそ、テレビを見たり、料理をしたり自由な時間を有意義に過ごしましょうね!

さて、今回は「【爆報!THEフライデー】カルロス・トシキの現在がヤバイ!職業や収入は?」と題して、大人気番組爆報!THEフライデーで1995年に音楽活動停止してからテレビ露出がなくなりどのような生活を送っているかわからなかったカルロス・トシキさんが今どのような生活をしているか紹介されていましたので、詳しく紹介していきたいと思います!

それでははりきっていってみましょ~!

スポンサーリンク

 

【爆報!THEフライデー】カルロス・トシキの現在がヤバイ!

カルロス・トシキさんといえば、日系ブラジル人の歌手で、1982年にデビューし、その後「1986オメガトライブ」及び「カルロス・トシキ&オメガトライブ」の元リードボーカルとして活躍されてました。

本名は高橋・カルロス・敏樹です。

音楽活動中はその他にもCALROS、鷹橋敏輝などの芸名で活動していたことも有名ですよね。

代表曲「君は1000%」は売上35万枚を誇る大ヒットで甘いマスクと確かな実力で相当な人気を誇っていました。

そんなカルロス・トシキさんですが、惜しまれつつも1995年に音楽活動を停止、実質の芸能界引退なり、そこからの消息はテレビ露出などがあまりなくなったこともあり、あまり知られていませんでした。

そんな、カルロス・トシキさんですが、音楽活動停止後は故郷である、ブラジルに帰国し生活していたようです!

【爆報!THEフライデー】カルロス・トシキの職業や収入は?

1995年に音楽活動を停止してから、ブラジルに帰国をし、生活をしていることが分かった、カルロス・トシキさんですが、今の職業や収入がどうなっているか気になりますよね。

日本では、歌手として活動してるということもあり、ブラジルでも歌手や音楽に関連した、仕事をやっているのではないかとおもうのですが、なんと予想外の仕事をされていました。

その気になる職業ですが、ニンニクの種を作っているようです

ブラジル帰国後からニンニクの種を作るなどの農業関連の事業を始めたようで、その事業で成功しているようです!

すごい、方向転換ですよね(笑)

しかし、音楽活動とは全然違うジャンルの仕事となっても成功するポテンシャルはすごいとしか言えません(笑)

具体的な数字はわからなかったのですが、ニンニクの種作りなどの農業事業で成功したことにより収入もかなりのものだとか!

本当にすごいですねぇ~!

そんなカルロス・トシキさん、本業はニンニクの種作りになりましたが、2018年ごろから「カルロス・トシキ & B-EDGE」のリードボーカルとして日本でライブを行っており、昔からのファンを始め、結構な人気を誇ているようですよ!

まとめ

今回は「【爆報!THEフライデー】カルロス・トシキの現在がヤバイ!職業や収入は?」と題してお届けしていきましたがいかがでしたでしょうか?

カルロス・トシキさん、音楽活動停止をして、その後ブラジルでニンニクの種を作る仕事をしていたということで、驚きですよね(笑)

日本でカリスマ歌手からしていたころから、ふり幅がありすぎて驚きましたが、ブラジルでも成功し幸せに暮らしていること、そしてなにより音楽活動を再開していることはとてもうれしく思いました。

皆さんご機会ありましたら「カルロス・トシキ & B-EDGE」の楽曲も聴いてみてはいかがでしたでしょうか?

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう

さよなら~!

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です