木村拓哉紹介おすすめ映画ベスト5とは?全作品の無料動画視聴方法も!【木村さ~~ん!2020年4月19日】

スポンサーリンク








こんにちは!カポです!

皆さん突然ですが、木村拓哉さんが動画配信サービスGYAO!でやっている番組「木村さ~~ん!」をご存知でしょうか?

木村拓哉さんが、毎週日曜日の11:30~11:55にやっている番組です。

木村拓哉さんとしては珍しく、ロケをすることも多いこの番組ですが、2020年4月19日の放送で普段ならロケに出かけるところですが、世の中は新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が出ている状態で外出自粛要請も出ている現状なので、室内での撮影に変更し、なんと木村拓哉さんがおすすめ映画を紹介するという珍しい放送回となりました。

そこで今回は「木村拓哉紹介おすすめ映画ベスト5とは?全作品の無料動画視聴方法も!【木村さ~~ん!2020年4月19日】」と題して

「木村さ~~ん!」2020年4月19日放送で木村拓哉さんが紹介したおすすめ映画ベスト5や無料動画の視聴方法などを調査していきたいと思います。

それでははりきっていってみましょ~!

スポンサーリンク

 

木村拓哉紹介おすすめ映画ベスト5とは?

木村拓哉さんがお送りする番組「木村さ~~ん!」にて、いつもならスタッフと外へロケに行くところを内容を変更して室内から、木村拓哉さんがおすすめする沢山の映画のなかからベスト5を選出し紹介するという企画をお届けしていました。

外出自粛の中で家で楽しめることを提案しようという、木村拓哉さんの優しさを感じますね!

それでは沢山ある中、迷いに迷いながら選び出した、木村拓哉さんの珠玉の映画ベスト5を見ていきましょう!

木村拓哉紹介おすすめ映画ベスト5・第5位『エール!』

エリック・ランディゴがメガホンをとった人気作品ですね!

主要キャスト
ポーラ・ベリエ役/ルアンヌ・エメラ
ジジ・ベリエ役/カリン・ヴィアール
ロドルフ・ベリエ役/フランソワ・ダミアン
トマソン役/エリック・エルモスニーノ

 

  • あらすじ

フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、全員が聴覚障害者。ある日音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に歌の才能を認められ、パリの音楽学校で行われるオーディションを勧められたポーラは喜ぶものの、歌声を聴けない家族から反対される。家族のコミュニケーションに欠かせないポーラは、考えた揚げ句……。

 

・解説

歌の才能を認められパリの音楽学校のオーディションを勧められた少女と、聴覚障害のある家族との絆を描いた感動作。最愛の家族を支える役目と自らの夢の間で揺れ動くヒロインを、新人ルアンヌ・エメラが好演し、セザール賞最優秀新人女優賞に輝いた。『プレイヤー』などのエリック・ラルティゴ監督がメガホンを取り、『しあわせの雨傘』などのカリン・ヴィアール、『タンゴ・リブレ 君を想う』などのフランソワ・ダミアンらが共演。

出典元:シネマトゥデイ

 

木村拓哉紹介おすすめ映画ベスト5・第4位『ハウルの動く城』

第4位は誰もがしっているジブリ作品から、木村拓哉も声優として参加している、「ハウルの動く城」です!

言わずもがな最高のアニメ映画ですよね!

 

主要キャスト
ハウル役/木村拓哉
ソフィー役/倍賞千恵子
荒地の魔女役/美輪明宏
マルクル役/神木隆之介
カルシファー役/我修院達也
レティー役/香月弥生
ハニー役/八十川真由野
カブ大役/泉洋
サリマン役/加藤治子
ヒン役/原田大二郎

 

  • あらすじ

帽子屋の少女ソフィーは、兵隊にからまれていた所を魔法使いのハウルに助けられる。しかしハウルも、彼をつけ狙う”荒地の魔女”に追われているところだった。その後ハウルと別れたソフィーはその夜、魔女の呪いで90歳の老婆に姿を変えられてしまう。帽子屋に居られなくなり、街を出たソフィーは、荒地で不思議なカカシの”カブ”を助け、彼が連れてきたハウルの動く城に出会う。

城の暖炉には火の悪魔カルシファーがいた。彼はハウルとの契約に縛られてこき使われており、自らの魔力で城を動かしていた。彼はソフィーに、ハウルとの契約の謎を解いて、自由にしてほしいと頼んでくる。その後、ソフィーは城の掃除婦になるとハウルに言って、そのまま城に住むことになる。

隣国との戦争が始まると、王に仕える魔法使いのマダム・サリマンがハウルに国への協力を求めてくる。サリマンはハウルの昔の師匠で、悪魔と取引をしたハウルが彼女の元を去ったことを嘆いていた。彼女はハウルが協力するならば悪魔と手を切る方法を教え、協力しないならば魔力を奪うという。悪魔と取引していた荒地の魔女も、サリマンに魔力を奪われてしまう。ハウルとともにサリマンと面会したソフィーはサリマンの前でハウルを弁護したが、サリマンは国に協力しないハウルを襲い、その後も彼を狙い続ける。ハウルはサリマンから隠れるため、それまで住んでいた城からソフィーの帽子屋へ魔法で引越しをする。魔力を奪われて普通の老婆に戻ってしまった荒地の魔女も家族に加わることになる。

しかし町は空襲を受け、ハウルはソフィーを守るためと言い、戦いに行ってしまう。ソフィーは、彼が戦うのは町に彼女達がいるからだと考え、帽子屋を出て荒地の城に戻り、それからハウルを助けに行こうとする。その時、荒地の魔女が、彼女が欲しがっていたハウルの心臓をカルシファーが持っていたことに気づく。彼女はカルシファーに手を触れて火達磨となり、ソフィーは思わず2人に水を掛けてしまう。するとカルシファーの魔力に支えられていた城は途端に崩壊し、ソフィーはその残骸と共に谷底へ落ちる。谷底でソフィーは、ドアの残骸の先が別の世界とつながっていることに気づき、その世界で子供時代のハウルを見つける。ハウルが流星を飲み込み、胸から火に包まれた心臓を取り出すのを見たソフィーは、彼に「きっと行くから未来で待ってて」と叫びながら元の世界に帰る。この時、いつの間にか彼女の姿は老婆から少女に戻っていた。

元の世界では、悪魔のような姿に変わり果てたハウルが、精気を失った顔で待っていた。ハウルが自分をずっと待ってくれていたのだと、ソフィーは気づく。ソフィーが荒地の魔女からハウルの心臓を受け取って彼の胸に戻すと、流星に戻ったカルシファーは自由になって飛び去り、ハウルも精気を取り戻す。カルシファーの魔力に支えられていた城の残骸が崩れ、乗っていたソフィー達は谷へ落ちそうになるが、突然現れたカカシのカブが身を投げ出して防ぐ。ソフィーがカブに感謝のキスをすると、カブは人間の姿に変わる。彼の正体は呪いを掛けられていた隣国の王子で、国に戻って戦争を終らせるという。その様子を魔法で見ていたサリマンは、このバカげた戦争を終らせようとつぶやく。自由になったカルシファーも、みんなといたいと言って帰ってきた。新しくなった城でソフィーとハウルはキスをする。そしてハウルの動く城は、皆を乗せて青空を飛んでいくのだった。

出典元:Wikipedia

 

木村拓哉紹介おすすめ映画ベスト5・第3位『ハンナ』

ジョーライド監督と主演のシアーシャ・ローナンの最強タッグでお送りする、アクションスリラー映画です。

2019年にはテレビドラマにリメイクされたりなど今でも愛されている作品ですよ!

主要キャスト

                       日本語吹替
ハンナ役/シアーシャ・ローナン          安藤瞳
エリック・ヘラー役/エリック・バナ        藤原啓治
マリッサ・ウィーグラー役/ケイト・ブランシェット 深見梨加
アイザックス役/トム・ホランダー         入江崇史
レイチェル役/オリヴィア・ウィリアムズ      浅野まゆみ
セバスチャン役/ジェイソン・フレミング      清水秀光
ソフィー役/ジェシカ・バーデン          須藤祐実
マイルズ役/アルド・マランド           山根舞
ヨハンナの母親役/ガドラン・リッター       定岡小百合
ネプラー(Mr.グリム)役/マルティン・ヴトケ    中博史

 

  • ・あらすじ

フィンランドの山奥で、元CIA工作員の父親に格闘に関するテクニックを教え込まれたハンナ(シアーシャ・ローナン)。彼女は、人の痛みを知らず感情を持たないまま16歳になる。すでに父親の戦闘能力を超えていたハンナは、ある任務のためにヨーロッパへと旅立つが、父親の同僚だったCIA捜査官のマリッサ(ケイト・ブランシェット)がしつこく追ってきて……。

  • ・解説

『つぐない』で第80回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたシアーシャ・ローナン主演のバイオレンス・アクション・ムービー。幼少のころから父親に相手を殺すための手段しか教わらなかった16歳の少女ハンナと、彼女を追うCIA捜査官との追走劇を描く。監督は、シアーシャと再びタッグを組んだ『つぐない』のジョー・ライト。ハンナを執拗(しつよう)に追う捜査官を、『アビエイター』『エリザベス』のケイト・ブランシェットが演じる。これまでのかわいらしい少女のイメージとは違い、冷酷なヒロインをスタイリッシュに演じるシアーシャの立ち居振る舞いに注目だ。

出典元:シネマトゥデイ

 

木村拓哉紹介おすすめ映画ベスト5・第2位『セント・オブ・ウーマン』

1992年に公開された盲目のアメリカ軍人が主人公の映画です!

結構古い作品ですが、評価が高く今でもファンの多い作品ですよ!

主要キャスト
                   ※日本語吹替え声優
フランク・スレード中佐 – アル・パチーノ(野沢那智)
チャーリー・シムズ – クリス・オドネル(江原正士)
トラスク校長 – ジェームズ・レブホーン(納谷六朗)
ドナ – ガブリエル・アンウォー(沢海陽子)
ジョージ・ウィリス・Jr – フィリップ・シーモア・ホフマン(真地勇志)
ハリー・ハヴマイヤー – ニコラス・サドラー(子安武人)
カレン・ロッシ – サリー・マーフィ(井上喜久子): フランクの姪
ランディ・スレード – ブラッドリー・ウィットフォード(荒川太朗): フランクの甥
W・R・スレード – リチャード・ヴェンチャー(峰恵研): フランクの兄
マニー – ジーン・キャンフィールド(峰恵研): リムジン運転手
ゴア巡査 – ロン・エルダード(星野充昭)
クリスティーン・ダウンズ教諭 – フランセス・コンロイ

 

  • あらすじ

アメリカはボストンの全寮制名門高校に奨学金で入学した苦学生チャーリーは、裕福な家庭の子息ばかりの級友たちとの齟齬を感じつつも無難に学校生活を過ごしていた。感謝祭の週末、故郷オレゴンへ帰るための旅費を稼ぐためチャーリーはアルバイトに出ることになっていた。そのアルバイトとは、姪一家の休暇旅行への同伴を拒否する盲目の退役軍人フランク・スレード中佐の世話をすること。とてつもなく気難しく、周囲の誰をも拒絶し、離れで一人生活する毒舌家でエキセントリックな中佐にチャーリーは困惑するが、報酬の割の良さと中佐の姪・カレンの熱心な懇願もあり、引き受けることにする。

感謝祭の前日のこと、チャーリーは同級生のハヴマイヤーたちによる校長の愛車ジャガー・XJSに対するイタズラの準備を目撃した。生徒たちのイタズラに激怒した校長から犯人たちの名前を明かすなら超一流大学(ハーバード)への推薦、断れば退学の二者択一を迫られ、感謝祭休暇後の回答を要求される。チャーリーは同級生を売りハーバードへ進学するか、黙秘して退学するかで苦悩しながら休暇に入ることになった。

中佐はそんなチャーリーをニューヨークに強引に連れ出し、ウォルドルフ・アストリアホテルに泊まり、“計画”の手助けをしろ、という。チャーリーはニューヨークで、中佐の突拍子もない豪遊に付き合わされるはめになる。高級レストランで食事をし、スーツも新調し、美しい女性とティーラウンジで見事にタンゴのステップを披露したかと思うと、夜は高級娼婦を抱く―。だがチャーリーは、共に過ごすうちに中佐の人間的な魅力とその裏にある孤独を知り、徐々に信頼と友情を育んでいく。

旅行の終りが迫ったころ、中佐は絶望に突き動かされて、“計画”―拳銃での自殺を実行しようとするが、チャーリーは必死に中佐を引き止め、思いとどまらせる。ふたりは心通わせた実感を胸に帰途につくことができた。

しかし、休暇開けのチャーリーには、校長の諮問による公開懲戒委員会の試練が待っていた。チャーリーは、全校生徒の前で校長の追及によって窮地に立たされるが、そこに中佐が現れ、チャーリーの「保護者」として彼の高潔さを主張する大演説を打ち、見事にチャーリーを救うのだった。満場の拍手の中、中佐はチャーリーを引き連れ会場を後にする。

再び人生に希望を見いだした中佐と、これから人生に踏み出すチャーリーのふたりは、また新しい日常を歩み始めるのだった。

出典元:Wikipedia

 

木村拓哉紹介おすすめ映画ベスト5・第1位『アウトサイダー』

栄えある第1位はこれまたかなり古い映画で1983年公開のアメリカが舞台の背う映画です!

木村拓哉さん曰く、今だとだとあり得ないほど、豪華やキャストであのトムクルーズさんが少年A役で参加しているという作品です!

ちなみに木村拓哉さんのファッションのルーツはここからきているとか!

主要キャスト
ポニーボーイ・カーティス役/C・トーマス・ハウエル
ダラス役/マット・ディロン
ジョニー役/ラルフ・マッチオ
ダレル(ダリー)・カーティス役/パトリック・スウェイジ
ソーダポップ・カーティス役/ロブ・ロウ
ツー・ビット役/エミリオ・エステベス
スティーヴ役/トム・クルーズ
ティム役/グレン・ウィスロー
チェリー役/ダイアン・レイン
ボブ役/レイフ・ギャレット
ランディ役/ダレン・ダルトン
マルシア役/ミシェル・メイリンク
バック役/トム・ウェイツ
ジェリー役/ゲイラード・サーテイン

 

  • あらすじ

オクラホマ州タルサ。14歳のポニーボーイが住むこの町は、貧しい“グリース”たちが住むイースト・サイドと金持ちの“ソッシュ”たちが住むウェスト・サイドに分かれ対立していた。ある日、ポニーボーイはグリースのリーダー格、ダラスと親友ジョニーと共に遊びに行ったドライブインシアターでソッシュの女の子チェリーと出会う。以来彼女に想いを寄せるポニーボーイ。だが、このことをきっかけとしてソッシュたちと喧嘩沙汰に。その対決の末、ポニーボーイとジョニーは相手のリーダーを刺してしまう…。

出典元:allcinema

 

木村拓哉紹介おすすめ映画ベスト5全作品の無料動画視聴方法は?

今回、木村拓哉さんが「木村さ~~ん!」の番組内で紹介してくれた、ベスト5の映画はすべてレンタルDVD・Blu-ray・コミックスなどの大手TSUTAYAでレンタルができることが確認できています。

そこでおすすめしたいのが、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスです。

TSUTAYA DISCASのサービス概要を簡単にまとめてみました。

TSUTAYA DISCASサービス概要
  • 月額定額制2417円(税抜)
  • DVD・Blu-rayの旧作宅配レンタルが使い放題!
  • TSUTAYA DISCASサイト内にある10000以上のタイトルの動画をスマホ・PCから見放題!

といったような概要となっています。

そして、今なら初回登録限定で30日間の無料お試し期間があります。

さらに初回お試し登録をしていただいた方には1100ポイントの動画ポイントが付与されます。

この動画ポイントは付与日から45日以内であれば、見放題に含まれてない有料の新作・準新作タイトルに利用していただけます。

今回ご紹介した映画はすべて旧作になると思いますが、もし新作映画などで見たいものがあれば特典の1100ポイントの動画ポイントを使うのが賢いかもしれませんね!

そして、もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

しかし、無料お試しサービス終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

※サービスは1ヶ月ごとの自動更新サービスとなります。

→TSUTAYA DISCASの登録はこちら!

 

まとめ

今回は「木村拓哉紹介おすすめ映画ベスト5とは?全作品の無料動画視聴方法も!【木村さ~~ん!2020年4月19日】」と題してお届けしていきましたがいかがでしたでしょうか?

是非木村拓哉さんおすすめの映画をご覧になってみてくださいね!

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう

さよなら~!

 

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です