小島一慶死去の理由・原因(死因)病名は?復帰期待も叶わず・・・!

スポンサーリンク








こんにちは!カポです!

なんとあの大ベテランフリーアナウンサーの小島一慶が残念ながら死去されたということで、話題となっています。

小島一慶さんといえば、TBSの深夜ラジオ「パックインミュージック」のパーソナリティを務め、1970年代から絶大な人気を集めていました。

そこから、TBSテレビでもいくつもの冠番組をもち、テレビ、ラジオ両方の現場で手腕を振るわれ、レジェンドともいわれる存在です。

今回は「小島一慶死去の理由・原因(死因)病名は?復帰期待も叶わず・・・!」と題して、残念ながら死去されてしまった、アナウンサー界の宝であり、レジェンド小島一慶さんの死去の理由や原因(死因)、これまで復帰を熱望していたことなど、詳しく調査していきたいと思います。

それでははりきっていってみましょ~!

スポンサーリンク

 

小島一慶死去の理由・原因(死因)病名は?

残念ながら、都内病院で2020年4月23日に死去されたことが、明らかとなり、生前はフリーアナウンサーとして活動されていた、小島一慶さんですが、その死去された理由や原因(死因)病名など気になる点がたくさんありますね。

そこで調べてみたところ、小島一慶は以前より肺がんの為、闘病をされていたようです。

その為、長い期間癌治療を受けられてきていたようですが、2020年4月23日に75歳という年齢で死去されてしまったようで。

75歳という年齢的にもかな過酷な状況であったと思いますが、なによりまだアナウンサーとして仕事がしたいという思いが小島一慶さんをここまで生かしたのではないかとすら思えます。

抗がん剤治療など、かなりの痛みを伴うといいますし、さらに投与中は免疫がさがり、あらゆる病気のリスクが上がるようです。

これはすべてのがん患者にいえるかもしれませんが、そんな中利高い可能性での病気併発のリスクと隣り合わせになりながら治療を続けることは、ギリギリで綱渡りをしているも同然です。

そんな中、長い期間治療を続けた小島一慶さんの忍耐力、精神力は称賛に価すると思いました。

小島一慶死去復帰期待も叶わず・・・!

大手テレビ局、TBSに1968年に入社し、1990年からはフリーアナウンサーとなった小島一慶さんですが、やはりまだアナウンサーとして現場で働きたいという、復帰しようという思いや、周りからの復帰期待の声はかなり多かったみたいです。

闘病の為、ここ最近はもちろんお仕事されてませんでしたが、その実力は随一で、TBSアナウンサーで後輩の生島ヒロシさんなどは「話をで掘る目させたら当代一だった」かなり尊敬されていたようです。

「ぴったんこカンカン」や「どうぶつ奇想天外」などのナレーションやMCなどをしていたこともあり、しかし女性問題での降板が2回あったりと破天荒な一面はありましたが、それでも復帰を期待されるのはやはり、津美抜けたセンスと実力があってのことだと思います。

僕もそんな小島一慶さんの復帰待ち望んでいた一人ですが今回の訃報にとても悲しみを覚えるとともに、とても残念でなりません。。

まとめ

今回は「小島一慶死去の理由・原因(死因)病名は?復帰期待も叶わず・・・!」と題してお届けしていきましたがいかがでしたでしょうか?

小島一慶さんの死去本当に残念でなりません。

そういう時期に来ているのか、何なのか、最近は各業界で名をはせている方々の訃報が相次いでいる気がしてとても悲しいです。

しかし、各業界の方々には亡くなってしまった、レジェンドたちが残したことを胸にさらに上へと邁進してほしいと思います。

そして、沢山のネガティブなことが続き心が滅入りそうになることもあるかもしれませんが、そんな時こそしっかりと前を向いて頑張っていきましょう!

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう

さよなら~!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です