ゴールドジムコロナ破綻で倒産?日本の店舗は大丈夫?

スポンサーリンク








こんにちは!カポです!

なんとあの大手フィットネスクラブの「ゴールドジム」を展開するアメリカの運営会社がに日本の民事再生法にあたる、連邦破産法11条の適用を裁判所に申請し、経営破綻したことがわかり話題となっています。

「ゴールドジム」といえば、世界各国に展開するかなり老舗のフィットネスクラブです。

そんな「ゴールドジム」の破綻について今回は「ゴールドジムコロナ破綻で倒産?日本の店舗は大丈夫?」と題して、ゴールドジムは倒産してしまうのか?日本の店舗は大丈夫なのか?

など気になる点を調査していきたいと思います。

それでははりきっていってみましょ~!

スポンサーリンク

 

ゴールドジムコロナ破綻で倒産?

ゴールドジムを運営する「GGIホールディングス」が破綻申請を出した驚きの状況となっていますが、その原因はやはり新型コロナウイルス感染拡大の影響が関連しているようです。

ゴールドジムに限らず、今さまざまなフィットネスクラブが新型コロナウイルス感染拡大の影響により、世界的に休業に追い込まれ、経営悪化をしている状況のようです。

飛沫感染で新規感染していしまう人が一番多い新型コロナウイルスなので、室内で運動をするという形態のフィットネスクラブはクラスター化する可能性がかなりありますので、営業を続けるのはなかなか難しいと思います。

そんな新型コロナウイルス感染拡大の影響をゴールドジムも例にもれずもろに受けてしまい、経営悪化してしまったということですね。

世界各国で700店舗以上を展開しているゴールドジムですらこの状況なので、競合他社の影響もすさまじいことであることが伺えます。

ゴールドジム日本の店舗は大丈夫?

「GGIホールディングス」が破綻申請を出したということで、アメリカのゴールドジムは実質倒産してしまいそうな状況であるわけですが、そこで気になるのが

日本の店舗は大丈夫なのか?ということですよね。

そこで調べてみたところ、日本でゴールドジムのフランチャイズ契約をしている運営会社の「THINKフィットネス」によりますと

アメリカの運営会との資本関係がない為、日本のゴールドジム店舗には影響はないので閉店や倒産の予定はないとのことです!

これは日本のゴールドジムユーザーは一安心というところですよね。

しかし、日本でもゴールドジムは休業要請の対象となっていますので、やはり今も営業ができていない状態です。

このままですと「THINKフィットネス」も経営悪化してしまう可能性は往々にして考えられますので、心配は尽きませんね。

何とか頑張って欲しいですが、規模が大きいので政府からの補償でもしのぎ切れるかわからないところです。

今後のゴールドジムの動向は新たな情報があり次第随時更新したいと思います!

まとめ

今回は「ゴールドジムコロナ破綻で倒産?日本の店舗は大丈夫?」と題してお届けしていきましたがいかがでしたでしょうか?

新型コロナウイルス感染拡大の影響でさまざまな業界が経営悪化していることは漠然とわかっていたつもりでしたが、ついに大手と呼ばれるところまで破綻してしまうほどの状況になってきていると、改めて痛感しました。

今後ゴールドジムが世界各国の店舗も含めどうなっていくのか心配ですが、新型コロナウイルス終息後はまた通常通りフィットネスクラブなどの施設を楽しめるよう戻ることを祈るばかりです。

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事お会いしましょう~!

さよなら~!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です