次期総理大臣ランキング2020!河野太郎や石破茂と岸田文武が有力か?

スポンサーリンク








こんにちは!カポです!

なんと安倍首相が本日8月28日に辞任の意向を固めたと発表し話題となっています。

理由としては持病である潰瘍性大腸炎が体調不良が起因で悪化し今後政務に支障をきたすためだとのことです。

安倍首相は第1政権時代の2007年頃にも突然の辞任を発表しており、その際にも持病である潰瘍性大腸炎による政務への支障を懸念してとのことで大体前回と同じ理由での辞任という形にありますね。

これに対しての世論の反応も気になるところではありますが、今回は「次期総理大臣ランキング2020!河野太郎や石破茂と岸田文武が有力か?」と題して次期総理大臣2020の有力候補予想のランキングなど気になる点を調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

次期総理大臣ランキング2020!河野太郎や石破茂と岸田文武が有力か?

安倍首相が辞任を発表し後任となる次期総理大臣に誰がなるのか?が注目されています。

そこでまずは世論としての人気はどうなっているのか?を調べてみました。

時事通信の8月の世論調査によると

  • 1位:石破茂元幹事長24.6%
  • 2位:小泉進次郎環境相12.3%
  • 3位:安倍晋三総理9.2%
  • 4位:河野太郎防衛相7.8%

という結果となっており、石破元幹事長の人気が相当高いですね。

その他にも週刊文春がアンケート調査の結果として

  • 1位:石破茂元幹事長
  • 2位:小泉進次郎環境相
  • 3位:安倍晋三総理
  • 4位:管義偉

とあまり変わらぬ結果となっているようですね。

次期総理大臣ランキング2020!最有力候補は?

前項でお伝えしたランキングを元に最有力候補は誰なのか?を予想していきたいと思います。

とは言え、ランキング通りとなりますが、石破茂元幹事長が有力候補となると思います。

先ほどの世論調査の結果に加え、これまでの実績や繋がりや動き方など実力を踏まえると妥当と言えるのではないでしょうか?

その他の方々に関しては

まず小泉進次郎環境相は人気はあれど実力や実績がまだまだ不安と言われていますし、年齢が若いというところもネックになってくると思います。

続いて、河野太郎防衛相ですが、元首相である安倍総理が推しているという噂もありますし、言動や行動にはしっかり責任をもって実行しているところは国民からもあるしゅ信頼されている部分ではあると思うので、可能性は十分に考えられます。

菅義偉氏に関しては個人的にはかなり考えて行動していたり、マスコミなどに対しての対応の際もかなり上手いと思います。

このことからかなり力はある方だと思いますし、総理大臣になってもおかしくはないと思います。

しかし、河合元法相逮捕などがあり、人気は下がっていますので、難しいかもしれません。

まとめ

今回は「次期総理大臣ランキング2020!河野太郎や石破茂と岸田文武が有力か?」と題して次期総理大臣2020をランキング形式でお届けされていただきました。

突然の安倍首相の辞任発表でこれからの日本がどのように舵を切っていくのか?

その舵切りをする次なるリーダーつまり次期総理大臣は誰か?それにより大きく日本は変わっていきます。

しっかりと責務を全うしてくれる方がなってくれることを祈るばかりです。

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です