ヨネダ2000の由来やコンビ結成の経緯は?実力や経歴がすごい!

ヨネダ2000 由来 コンビ結成 経歴 実力 
スポンサーリンク




こんにちはカポです!

突然ですが、最近女性芸人の方の勢いがすごいですね!

「THE W」をきっかけに女性芸人にフォーカスが当たる機会も増えて、とんでもない実力者が次々と出ている印象です。

そんな中、最近特に勢いがすごいと言われているのが、ヨネダ2000という女性芸人コンビです!

芸人からも多く支持を集めているようで、かなりの実力者とのことです。

にしてもヨネダ2000ってコンビ名はどういう意味なのか?ちょっと気になりました(笑)

そこで今回は「ヨネダ2000の由来やコンビ結成の経緯は?実力や経歴がすごい!」と題して

お笑いコンビ、ヨネダ2000に関してコンビ名の由来や結成の経緯、そしてその実力や経歴もお届けします。

それでははりきっていきましょ~




ヨネダ2000の名前の由来は?

いま勢いのある女性コンビヨネダ2000ですが、まず気になるのがそのコンビ名の由来ですよね。

そこでしらべてみたところこんなツイートを見つけました。

こちらのツイートによると、週間プレイボーイにヨネダ2000のインタビューが掲載された際に名前の由来について説明していたようです。

そして気になる由来は「宇宙っぽくてかっこいいから」 というなんとも奇天烈なものでした(笑)

上記ツイート主の方も言っていますが、いったいどんなものに影響を受けているのかその趣向が気になるところですね~

ちなみに本人が言っているわけではないですが、名前の由来になっていると噂されているものもう一つ確認できました。

こちらの方のツイートによりますと、ヨネダ2000の由来はフジファブリックの「ダンス2000」という曲ではないか?とのことです。

字面がすごく似ていて、なんだか納得できますね~

コンビのどちらかがフジファブリック好きなのかもしれませんね。



ヨネダ2000のコンビ結成の経緯は?

ヨネダ2000を結成するまでに、コンビ結成と解散を繰り返していようです。

上記ツイート方がわかりやすくまとめてくれていまいた。

こちらを参考にすると、元々はケンケンズ、いちごとごはんという別々のコンビで活動していたようですが、どちらも解散。

その後に2018年2月26日に「ギンヤンマ」というコンビを結成しました。

こちらがご本人のコンビを解散とギンヤンマ結成のツイートですね。

この時点でメンバーとしてはヨネダ2000になっていますね~

そしてその後2019年3月にギンヤンマのメンバーに一人加えトリオになり「マンモス南口店」として活動していきます。

こちらもご本人によるツイートです。

現在はオーパーツというコンビで活躍するゼンツさんを相方に加え、トリオとしての活動を宣言しています。

こちらもご本人によるツイートですが、2019年の9月いっぱいで「マンモス南口店」を解散するを発表しました。

なので、実質的には半年の活動とかなり短いですね~

まあ若手時代はコンビの入れ替わりが激しいらしいので、いろいろと試行錯誤してのことなんでしょうね。

そして、「マンモス南口店」を解散後少し期間をおいて2020年4月に現在のヨネダ2000に至るわけですね。

実質的にはギンヤンマのメンバーで名前が変わったと言った感ですね。

それが理由なのか、上記の画像は2年前のもののようですね(笑)

ヨネダ2000の実力や経歴がすごい!

コンビ結成2年で活動歴としても3年ほどのヨネダ2000のお二人ですが、その実力は芸人の方からも高く評価されているようです。

ヨネダ2000になってからは

  • THE W2020準決勝
  • M-1グランプリ2021決勝進出
  • THE W2021決勝進出

とショーレースでの成績もかなり好調です。

コンビ結成2年目とは思えない実績ですよね(笑)

芸人の先輩である「馬鹿よ、貴方は」の新道さんもヨネダ2000を高く評価しており、ヤフーニュースで解説記事を投稿していました。

記事を読んでみましたが、かなりのべた褒めで、ヨネダ2000は芸人が好きな芸人って感じですね。

お笑い通からの評価も高いようです。

こちらの方は「新しいお笑い表現を見せつけられた」ぐらいの衝撃だったとかなり高い評価です。

漫才であり、歌ネタであり、コントでありミュージカルであるとかなり新しいことをしていることに言及しています。

一つ間違うと破綻してしまう構成を絶妙なバランスで最後まで笑いに突っ走っているとことです。

これはヨネダ2000にしか出来ない唯一無二の漫才ですね~

すごいとしか言いようがない(笑)

まとめ

今回は「ヨネダ2000の由来やコンビ結成の経緯は?実力や経歴がすごい!」と題して

由来やコンビ結成までの経緯などヨネダ2000について詳しくお届けしまいた。

お笑いってもう進化はないだろうと思ってた利しましたが、まだまだ新しい表現が出てくるものですね!

それにしても今年のTHE Wはダークホースが多い(笑)

どの女性芸人が優勝するか楽しみです。

特にヨネダ2000は頑張って欲しいですね!

では最後までご覧いただきありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です