高市早苗TBS自民党総裁選アンケートでの投票率は不具合?ネットの反応は?

スポンサーリンク








こんにちは!カポです!

自民党総裁選が始まり日に日に戦いは苛烈となっています。

そんな中、ネット上を中心に囁かれているのがマスコミの印象操作です。

多くのマスメディアが高市早苗議員への投票率をさげて河野次郎議員の投票率上げるため画策していると噂が広がっています。

そんな中、TBSがネット上で行った自民党総裁選に関するアンケートで高市早苗議員の投票数が明らかにおかしいと波紋を呼んでいます。

そこで今回は「高市早苗TBS自民党総裁選アンケートでの投票率は不具合?ネットの反応は?」と題してTBSのおこなった自民党総裁選に関するアンケートの投票率表示の不具合についてやネットの反応をまとめて行きたいと思います。

それでははりきっていってみましょ~

合わせて読みたい
スポンサーリンク

高市早苗TBS自民党総裁選アンケートでの投票率は不具合?

TBSが運営しているYou Tubeチャンネルでアンケート機能を使って自民党総裁選に関するアンケートを実施しました。

その投票結果で高市早苗早苗議員の投票率が50%から上がらないという状況になってしまいました。

上記ツイートでは17万投票の結果が表示されています。

実際にアンケートの投票数の経過を見ていた方からは2万票からずっと見ているけど、高市早苗議員が50%になってからグラフの進行がないとのことです。

これに対しTBSは投票に不具合があったとお詫びをしています↓

TBSはYouTubeのシステムの不具合でアンケートが正常に表示されないという理由でアンケート途中で非公開にしました。

この状況にネット上では高市早苗議員の投票率が高いため投票率を操作したのではないか?とまたもや印象操作可能性が示唆されています。

YouTube上で行われているアンケートですが、調べてみた限りではそういった不具合に関するアナウンスはありませんでした。

上記ツイートをしている方はGoogleにおかしな操作がなかったかLogを確認することを訴えていますね。

そしてTBSも謝罪文にYouTube上の不具合とは記載しておらず、Googleにツッコまれるのを懸念しているのではないかと言われています。

TBS自民党総裁選アンケートのネットの反応は?

今回のTBSの自民党総裁選アンケートに関してネット上ではどんな意見があるのかを調べてみました。

投票数は増えているのに高市早苗議員の割合が動かないことにやはり違和感を感じているようですね。

この方も7万票をこえても全く数字の変動がないことに違和感を覚えています。

そして日常的にTBSが捏造をしていることを疑っているようで今回も捏造だと推測しているようです。

 

あまりにも都合のいいタイミングで不具合が起きていることにこの方もやはり虚偽や捏造を疑っているようですね。

 

 

ひろゆきの部屋という2ちゃんねる創始者のひろゆきさんの切り抜き動画を作っているYou Tubeチャンネルに実施されたアンケートでは正常に数字が反映されているようです。

このことからYouTube上でアンケート機能に不具合があったのか更に疑いが深まりますね。

投票数も記事執筆をしている9月25日現在で15万票と数字にも信憑性がありそうです。

気になる方は上記ツイートでを参考にひろゆきの部屋のYou Tubeチャンネルのコミュニティタブより現在の投票結果を確認してみてください!

 まとめ

今回は「高市早苗TBS自民党総裁選アンケートでの投票率は不具合?ネットの反応は?」と題してTBSが行った自民党総裁選アンケートにて高市早苗議員の数字だけ動かないという

アンケート不具合について調べてみました。

かなり多くの人が捏造を疑っていることがわかりました。

TBSはあくまで不具合だと言っていますが、そんな都合のいいことあるか!と思うかたはやはりおおいみたいですね(笑)

もし本当に不具合だとしたら本当にGoogleにおかしな操作がなかったか調べてほしいものです!

では最後までお読みいただきありがとうございました

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

 

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です