川勝平太御殿場市民ジェノサイド発言に静岡民激怒で炎上!ネット反応は?

川勝平太 御殿場市 ジェノサイド
スポンサーリンク




こんにちは!カポです!

静岡県知事の川勝平太氏が衆院選の際の演説で御殿場市を貶めるような発言を多数したとのことで話題になっています。

政治家は度々失言をしますが、今回のことに関しては少し常軌を逸しているというか、看過できない部分が多々ありますね。

その為、今もなお川勝平太氏は炎上しています。

そこで今回は「川勝平太御殿場市民ジェノサイド発言で静岡民激怒で炎上!ネット反応は?」と題して

川勝平太氏の選挙演説での御殿場市に対する差別的発言についてどういった発言をして炎上しているのか?

そして、ネット上の反応も見ていきたいと思います。

それでははりきっていきましょ~




 

川勝平太御殿場市民ジェノサイド発言に静岡民激怒で炎上!

まず事の経緯としては、先日あった衆院選の前に補選というものがあり、その補選で山崎真之輔氏が無所属でが出馬していたのですが、そのライバル候補が元御殿場市長の若林洋平だったのです。

そして、山崎真之輔氏を応援していた川勝平太氏は応援演説で若林洋平氏を貶めるために御殿場市に対しての差別的とも取れれる発言をしたとのことです。

問題になっている部分は多々あるようですが、その中でも問題なのが以下の発言↓

こちら(浜松)は食材の数でも439ある静岡県のうち3分の2以上がここにある

あちら(御殿場)はコシヒカリしかない、だから飯だけ食って農業だと思っている

こちらにはウナギがある、これから牡蠣も出てくる、シラスもある、そして三ヶ日みかんもある

肉もある、野菜もある、タマネギもある、なんでもあるもちろん餃子もある

浜松は遠州その中心の経済を引っ張ってきた、あちら(御殿場)は観光しかありまえん。

それしか知らない人間、そんな人間が参議委員議員になってどうするんですか

ライバルが元御殿場市長だからとはいえ、完全に御殿場市を貶める発言ですよね。

これだけけなされたら、そりゃ御殿場市民の方は怒りますよ(笑)

この発言が問題となり、御殿場市議会は川勝平太氏に抗議する姿勢を見せているようです。

まさに御殿場市ジェノサイドと言われるような、差別発言ですね~

更に怖いのが、これは勢いで言った発言ではなさそうなところです。

常日頃、そういった意識を持っていると捉えられる発言ですよね。

さらに川勝平太氏はこの発言に対して、誤解であり、そう思われたことは非常に残念であるとコメントしており、謝罪などはしていませんでした。

「誤解は誤解ですからね」と開き直ったかのような感じがやばいですね。

あれくらい言ってもいいだろってぐらいの勢いでしたし、本当に悪いとは思いってないんでしょうね・・・

その後さらに謝罪的な発言はあったようですが、あれだけのことを言って誤解があったとまだいっているようです(笑)

スポンサーリンク




川勝平太御殿場市民ジェノサイド発言にネット反応は?

ここからは川勝平太氏の今回の発言について、ネット上ではどういった反応があったのか、詳しく見ていきたいと思います!

こちらの方は御殿場市在住の方のようです。

もし皆さんの故郷を同県の監督者である知事がディスったらどう思いますか?選挙とか政治とか関係なく、このような愚弄する発言は絶対に許さないとのこと。

確かに今回の問題は地元民にとってはかなり頭にきたことでしょう。

特に、農家の方はやり玉に挙げられていたので、より一層ムカついているでしょうね。

 

こちらは今回の件のことではありませんが、以前に田辺信宏静岡市長を同じ大学の後輩だからと、テレビ会談という公の場で「キミ、キミ」と市長を「君」呼ばわりしていたようです。

今回の件とは全く関係ないですが、自分をとっても偉いと思っていて、なに言っても許されるというところがあるのではないか?

そんな片鱗を感じさせますね。

 

こちらはいつもお世話になっている、政治系YouTuber闇のクマさんのツイートです。

静岡新聞で今回の川勝平太氏の発言が記事になっているのを引用していおり、今回の発言がだんだんと波紋を呼んでいる事をおっしゃっています。

本人は大事ではないかのようなスタンスですが、おそらくそうは行かないでしょう。

最悪辞任なんてこともあり得るかもしれません。

まとめ

今回は「川勝平太御殿場市民ジェノサイド発言に静岡民激怒で炎上!ネット反応は?」と題して

川勝平太氏の御殿場市ジェノサイド発言で静岡民が激怒して炎上していることやネットの反応を見ていきました。

ちょっと、誤解では済まされない発言でしたよね。

今後、川勝平太氏の進退も含めどうなっていくのか見ものです。

では最後までご覧いただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です