台湾中国法的侵略を日本が助けられない理由がヤバい!ネットの反応は?

スポンサーリンク




こんにちはカポです!

中国の台湾への圧力が日に日に増すなか、日本をはじめ諸外国はどういった動きを見せるのか、動向を見守っている状態です。

そんな緊迫した状態の台湾中国間ですが、最近の中国は台湾に法的侵略を図るような動きを見せているとのことで話題になっています。

そこで今回は「台湾中国法的侵略を日本が助けられない理由がヤバい!ネットの反応は?」と題して

中国による台湾への法的侵略を日本を始めとする外国が助けられない可能性があることについて、その理由やネットの反応を見ていきたいと思います。

それでははりきっていきましょ~




台湾中国法的侵略を日本が助けられない理由がヤバい!

これまで中国は台湾に対し、様々な方法で圧力をかけて来ましたが、最近になりその動きが法的侵略へと変わってきているようです。

これについて、いつもお世話になっている政治系YouTuberの闇のクマさんがわかりやすく解説してくれていました。

それを参考にさせていただくと、台湾独立を訴える方々に刑事責任を追求すると言っているようです。

つまりは、台湾独立を訴える、政治家、著名人、一般などすべて逮捕投獄するという流れを作ろうとしていると目されます。

すでに、中国共産党は台湾独立派と言われる、行政院長などをリスト化しており、実行しようといしているようです。

香港への法的侵略の成功例がある

これは武力侵攻よりもかなりたちが悪く、中国は以前同じ方法で侵略を成功させていることから、前例がありかなり危ないです。

その前例というのは、香港の独立運動が盛んに行われた時期に、今回と同じように中国は独立運動を人々を逮捕できるよう法律を作り、どんどん逮捕投獄しています。

それにより、香港独立運動を弾圧し、法的侵略を成功させたと言う形になったのです。

実際に香港独立運動の顔と言えるほど、有名だったアグネスチョウさんは逮捕され、今年の2月頃からTwitterやYouTubeなど発信に使っていたSNSはすべて更新が止まっており、おそらくは、中国共産党の監視下にあるのではないかと言われています。

スポンサーリンク



日本は台湾を法的侵略から助けられない?

今回の中国の対応について、これはかなり厄介なこととなっています。

というのも、武力行使などあれば日本を始めとした、諸外国も動きようがあるのですが、中国国内の問題とされてしまうとなかなか手が出せないんです。

実際中国共産党は国内の問題だと国際問題ではないと強く主張しています。

ここでなんとか耐え忍んでくれれば、中国がしびれを切らして武力行使に打って出る可能性がありますので、そうなれば日本はじめ諸外国も対応できると思います。

その時の為に、まず日本は憲法改正で日本軍を動かせるようにしなければいけませんね。

日本以外にも、中国が強行に出た場合はアメリカやEUからも援軍が見込まれますので、そこまでくればもう中国は好きに出来ません。

なので、蔡英文相当を始め、台湾政府にはぜひここを踏ん張ってほしいですね!

 

中国の台湾に対する法的侵略にネットの反応は?

こちらの方は、アメリカが台湾と接近していることで、中国は台湾の蔡英文政権により一層圧力をかけているとのこと。

これはヤバいですね~

しかし、台湾独立をするためには、極端な話大きな軍事力を持つ国の後ろ盾が必要になってきます。

個人的にはもうアメリカくらい強い国の後ろ盾がないと中国は止まらいと思いますし、どうにか耐え抜いてほしいですね・・・

 

中国の台湾独立人物に対する新法律、刑事責任を追求し終身刑もあり得るとのこと・・・

ヤバすぎませんか・・・

もう徹底的に台湾独立の動きを止めようとしてますね。

ここがマジで踏ん張りどころとなるでしょうね。

 

こちらは先程と同じ型のツイートですね。

中国の台湾独立への新法律は武力行使もあり得るようですね。

しかし、台湾がアメリカの許可なしに独立宣言するかけがないとのことなので、やはり武力行使があった場合は米軍が動くんでしょうか・・・

 

こちらの方は、中国共産党が動き出し、台湾が香港と同じ運命を辿ってしまう可能性を危惧している様子です。

確かにこのままではまさにそのとおりとなってしまいます。

ここをどうやって凌ぐのか?

台湾当局の動きも気になりますね。

 

香港と同じようになる可能性もありますが、このように弱腰だったバイデン首相がここに来て対応が変わってきているようですね。

そして、追従して、オーストラリアも中国が台湾攻撃をするなら、米軍とともに行動すると主張しています。

ちょっと悲しいですが、ストーリーとしてはなんとか耐え抜いて、痺れをしらした中国が武力行使をすることにより、少なくとも米軍と豪軍が動く可能性があるということですね。

それまでに台湾がどれほどの被害にあうのか・・・なにか手段はないのでしょうか・・・

まとめ

今回は「台湾中国法的侵略を日本が助けられない理由がヤバい!ネットの反応は?」と題して

中国が台湾独立に対して刑事責任を追求する新法律を作り、実質法的侵略に動き出していること、そしてそれを日本を始めとする諸外国が手を出せないということについて、その理由やネットの反応を見ていきました。

中国共産党が本気を出してきたという感じでしょうか・・・

もうなりふり構わずやっている感じがします。

なんとかここを持ちこたえないと、台湾マジでヤバい・・・

では最後までご覧いただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です