日本ファーウェイなど中国製品排除?経済安保法案にネット激アツ!

ファーウェイ 中国製品 排除 経済安全保
スポンサーリンク




こんにちはカポです!

アメリカのファーウェイ圧迫のように、日本も追従して中国製品を排除する動きが始まっているようです。

国会でも法案はまとまっているようです。

中国への警戒に対して、敏感に動いていた高市早苗議員が、ついに動き出した言った感じですね!

これからの中国に対する日本の対抗策の一つとなりそうです。

今回は「日本ファーウェイなど中国製品排除?経済安保法案にネット激アツ!」と題して

日本がファーウェイを排除を進めていること。

そして経済安保法案推進に対するネットの反応をお届けします。

それでははりきっていきましょ~




日本もファーウェイ排除!

今回の件に関していつもお世話になっている、政治系YouTuberの闇のクマさんが詳しく解説してくれていました。

こちらを参考にすると。

日本が米国の「ファーウェイ圧迫」に本格的に参加すること。

来年の通常国会で提出する経済安全保障推進法(仮称)に国家重要施設から中国製品を排除する内容を盛り込む予定と読売新聞が報じています。

さらに、通信、エネルギー、金融などの様々な事業者を政府が事前審査して中国製のものを導入しないよう徹底するようです。

これにより、日本から段階的に中国製品がなくなっていくということが考えられます。



経済安保法案にネットが激アツ!

ここからは今回の経済安全保障推進法(仮称)による中国製品排除の動きにネット上はどのような反応を示しているのか?

詳しく見てみたいと思います。

こちらの方は、ついにやってくれたとのことで、かなり肯定的にですね!

しかし、先程の動画で闇のクマさんも言っていましたが、この方も日本のメディアが大きく取り上げないことを嘆いていますね。

中国と日本メディアとの黒い繋がりは度々耳にしますが、顔色を伺っているのか大きくは取り上げてくれませんね~

 

ファーウェイといえば携帯電話ですが、通信基地地方選湯率30%とかなり多いですね!

もしファーウェイがなくなれば、通信業界の勢力図も変わってきそうです。

国内事業者に頑張って欲しいですね。

 

こちらの方は法案が建前だけにならないように、国民がしっかり監視しないといけないと言ってますね。

国会には中国との繋がりが噂される方も多くいるので、変な方向に進んでいく可能性は大いにあります。

高市早苗政調会長などにしっかり目を光らせておいてほしいですね。

まとめ

今回は「日本ファーウェイなど中国製品排除?経済安保法案にネット激アツ!」と題して

日本がファーウェイを始めとする中国製品を排除する為、経済安全保障推進法を発案していること、ネットの反応なども見ていきました。

上手く行けば段々と中国製品は日本からなくなっていくのかもしれませんね。

現状中国のシェアが多い半導体などがどうなるのかが気になりますが、それも最終的には自国で賄えるようになるといいですね~!

どうなるか注目です。

では最後までご覧いただきありがとうございました!

また別の記事で会いましょう!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です