ドッキリGPの犬が待ての企画が可哀想と炎上?動物虐待と批判の声!

ドッキリGP 犬待て 可哀想 炎上 動物虐待
スポンサーリンク




こんにちは!カポです!

あの大人気番組ドッキリGP11月27日放送回で行われた「待て-1GP」が犬が可哀想だと批判の声が出ているようです。

大好物のお肉を前に3分間待てをさせることが出来るのか?という企画になっています。

どうやらその様子が視聴者からすると犬が可哀想で見ていられないとのことですね。

そこで今回は「ドッキリGPの犬が待ての企画が可哀想と炎上?動物虐待と批判の声!」と題して

ドッキリGPのドッキリGPの犬が待ての企画が可哀想と炎上としているこについてお届けします。

それでははりきっていってみましょ~!




ドッキリGPの犬が待ての企画が可哀想と炎上?

実際に番組を視聴されたこちらの方のツイートを参考にさせていただくと、犬が好きな方からすると、美味しいご飯を前に待てを強いている姿を見ていると嫌気分になるとのことです。

かなり不快感を感じているようですね。

確かに犬側からしてみれば、大好物を前にづっと待たされているわけなので、ストレスが溜まってしまいそうに思います。

こういった動物を使った企画は動物側への配慮がないと度々問題視されてますが、このコーナーも不快感を持つ方は多いようです。

他にもこういった声は多数上がっていて炎上と言われているんですね~



ドッキリGPの犬が待ての企画に動物虐待と批判の声!

こちらの方は出演していたゴールデンレトリバーの様子に言及しています。

内またになって尻尾が垂れている状態とのことです。

待てをまてをさせる際に顔などで威圧して、犬に恐怖心を与えているとのことです。

それにより犬に強いストレスを与えいて動物虐待ではないかと指摘しています。

体に恐怖心が表れているということはかなり怯えてそうですね~

可哀想だ・・・

 

こちらの方は飼い主が犬にキレている映像に関して言及しています。

飼い主が子供の為、待てできなかったことに対してかなり叱っています。

犬にはストレスですし、子供の映り方は印象最悪です。

この映像が残ってしまうと思うと今後叩かれそうで、子供の方も危険ですね~

 

こちらの方によると、企画に出ていたドーベルマンの飼い主の女の子が怒って殴りそうになっていたのことです。

これはシンプルに動物虐待になってしまいますね。

その後、映ってないところでも何かされてないかとも心配しています。

子供ですから感情コントロール難しいですし、必要以上に犬を叱っていそうで、確かに怖いですね・・・

まとめ

今回は「ドッキリGPの犬が待ての企画が可哀想と炎上?動物虐待と批判の声!」と題して

ドッキリGPで行われた犬に3分間待てをさせれるかという企画、「待て-1GP」について犬が可哀想と炎上していること、動物虐待との批判の声についてもお届けしました。

これは誰も得しない(笑)

テレビ局にはちゃんと視聴者のニーズをわかってほしいですね。

というか動物愛護団体とかに抗議されないか心配です。

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また別の記事でお会いしょう

さよなら~!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です