市川海老蔵が二股?倉敷A子と米子B美は誰でどんな関係かとネットの反応も!

スポンサーリンク








こんにちはカポです!

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、地方巡業の3泊4日の間に、2人の女性と代わる代わる密会していたということで、話題になっていますね!

新しい彼女なのか?はたまたただのお友達なのか?

実際のところはどうなのか気になるところですね。

今回は「市川海老蔵が二股?倉敷A子と米子B美は誰でどんな関係かとネットの反応も!」と題して

市川海老蔵さんの二股疑惑についてや、そのお相手と言われている、倉敷A子さんと米子B子さんについてお届けします!

それでははりきっていきましょ~

スポンサーリンク

市川海老蔵が二股?

市川海老蔵さんがスクープされたのは、地方巡業3泊4日の間のことで、2人の女性と代わる代わる過ごす姿が目撃されています。

仲睦まじい様子だったとのことでかなり親密な関係のようですね。

市川海老蔵さんは、奥さんであった小林麻耶を亡くし、現在シングルファーザーですので恋愛すること自体は問題ないのと思うのですが、どうやら一人ではなく2人の女性と合っていたことが二股ではないか?と疑われているようですね。

これまで、数々の女性関係が取りたざされ、芸能界切手の色男と名高い市川海老蔵さんですので、沢山の女性と関係を持っていても不思議ではありませんね。

市川海老蔵と倉敷A子と米子B美は誰でどんな関係?

市川海老蔵さんと一緒にいたという女性2名ですが、スクープ記事によりますと

  • 岡山倉敷で会っていた黒髪ロング20前半代のA子さん
  • 鳥取県米子市で会っていたショートボブ30代のB美さん

という2名の女性と違う日に合っていたようですね。

A子さんとは羽田空港から岡山倉敷に向かう際に、一緒に飛行機に搭乗しそのまま向かったようです。

そのあと夜にディナーを楽しみ、別々のところに泊まったようですが、翌日朝に市川海老蔵さんがA子さんに1万円を渡し、その後A子さんが泊まるホテルに2人で入っていったそうです。

そして次の公園で鳥取県米子市に行った際にはB美さんと会い、旅館の別々の部屋を取っていたようですが、市川海老蔵さんはB美さんの部屋に深夜までいたようです。

どうやらこのお二人は東京では合わないようなのですが、各地方に行った際に会っている女性のようです。

この2人が市川海老蔵さんの彼女かどうかさだかではありませんが、おそらくは遊び相手ではないでしょうか?

というのも2人共市川海老蔵さんと親子ほど歳が離れている点、そして金銭を受け取っている点から

愛人やいわゆる地方妻と呼ばれる存在ではありませんかね?

バンドマン・舞台俳優・芸人などなど、ライブツアーや営業で地方を回る際にその土地でしか合わない女性というのがいるというのは有名な話です。

推測でしかありませんが、なんだか今回市川海老蔵さんと会っていた女性二人は、割り切った関係のようなそんな雰囲気を感じますね~(笑)

まあ市川海老蔵さんは超色男なので、その内本気になる可能性はあるかもしれませんが(笑)

市川海老蔵二股疑惑にネットの反応は?

この方はどちらかは市川海老蔵さんの隠し子である可能性を疑っているようです。

A子さんは20代前半ですし、渡していた1万円の現金もお小遣いだとしたらつじつまが通りますね!

女性関係が激しくいろいろと噂がある市川海老蔵さんなので、ありえない話ではないかも!

 

この方はどちらと結婚するか、まだ選んでいる段階で、市川海老蔵は婚活中という推測のようですね。

確かにそろそろ結婚相手を探してもいいと思いますね~

そこを追っかけ回すのは無粋だっていうのはよくわかります~

実際どうなんでしょうかね?

市川海老蔵さんのコメントが気になります!

 

確かに20代女性に1万円渡して、ホテルに一緒に入るって書き方は、かなり誤解を招きそうですね~

おそらくはそういったことではないと思うのですがね(笑)

そしてこの方も見守ってあげてほしい、頑張って欲しいと市川海老蔵さんの婚活を応援しているご様子ですね!

まとめ

今回は「市川海老蔵が二股?倉敷A子と米子B美は誰でどんな関係かとネットの反応も!」と題して

市川海老蔵さんが地方巡業で、2人の女性と密会していことに対する二股疑惑や倉敷で会った女性A子さんと、米子で会った女性B美さんとの関係などを調べてみました。

ネットの反応も面白いものがあり、市川海老蔵さんが婚活中で、パートナー選びをしているという意見や隠し子と密会していたという意見もありましたね。

隠し子に関しては本当だったらさらにスクープですね。

ただ個人的にはその可能性は少ないと思いますが(笑)

もしそうだったら事務所がもっと違う動きをしそうなので

では最後までご覧いただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です