山本太郎れいわマスク3000円や寄付など貧困ビジネス?ネットの反応は?

スポンサーリンク




こんにちはカポです!

総選挙が始まり、連日各党が政策をアピールしていますね!

野党共闘で与党を倒せるのか?など今回の選挙も見どころがたくさんありそうです!

そこで今回は「山本太郎れいわマスク3000円や寄付など貧困ビジネス?ネットの反応は?」と題して

山本太郎議員率いる、れいわ新選組について、3000円もするれいわマスクなどのグッズや立花孝志氏し指摘されている、出来ない公約を掲げて、詐欺的に寄付を集めいているといういわゆる貧困ビジネスをしているという件についてやネットの反応を見ていきたいと思います!

それでははりきっていきましょ~




 

山本太郎れいわマスク3000円や寄付など貧困ビジネス?

日本記者クラブ主催の党首討論で、N国党の立花孝志議員が山本太郎議員に指名質問をしました。

質問は「出来もしない公約を掲げて、貧困層から寄付金などを詐欺的に集める貧困ビジネスではないか?」という内容でこちらが話題になっています。

今回の件について、いつもお世話になっている闇のクマさんがわかりやすく解説してくれていました。

立花孝志議員の指摘の通り、れいわ新選組の掲げる公約は

  • 消費税廃止
  • 奨学金チャラ
  • 最低賃金1500円
  • コロナ収束まで一人あたり毎月10万円給付
  • 社会保険料、光熱費、水道代など免除

といった感じで、確かに財源などを考えてもとても現実的とはいえない内容だともいえます。

そして、公約を掲げているだけならいいのですが、選挙資金を寄付で募っていて、主に寄付をするのは経済的に厳しい貧困層なわけです。

そういったお金の無いところからお金を貰っていて、貧困層が固定化してしまう可能性があることに対して、貧困ビジネスではないか?と言われているわけですね。

その他にも、選挙期間で知名度が上がってきていることを利用し、「れいわマスク」など党のグッツをガンガン宣伝しまくっているようです。

このマスクも2枚組んで3000円と高額で批判のされていますね~

例として、れいわ新選組の大石あきこ議員に関しては、Twitterや大石事務所ホームページで、れいわマスクの宣伝ばかりしており、何やっている人がわからない状態だそうです。

自分が作った、れいわマスクめちゃくちゃ売りたいんだな~ってのが伝わりますね~

つか、それしか考えてない感(笑)

ネットの反応は?

山本太郎議員ひきいるれいわ新選組の貧困ビジネスの疑惑について、ネットの反応はどうなっているのか見ていきたいと思います!

こちらの方は、山本太郎議員を応援する方にたいし、貧困層からお金を集めていること、れいわマスクを高額で売っていることを指摘しているようでね。

やはり、グッズを高額で販売することや貧困層からの寄付があまりイメージが良くないようですね~

応援する人の主な層が貧困層だから仕方ないのか、それとも貧困ビジネスとして意図的にそうしているのか・・・

 

こちらの方は、山本太郎議員の街宣を最後まで聞いたら、献金目的が本音であることがわかるとのこと。

普段の演説からも、最終的にはお金を集めようとしていることが伝わってくるようですね~

実際のところはどうかわかりませんが、実際に貧困層からの献金があること言う事実や

貧困層から人気があるという構図からそう捉える人が出てくるのは仕方ないかもしれませんね~

 

まとめ

今回は「山本太郎れいわマスク3000円や寄付など貧困ビジネス?ネットの反応は?」と題して

山本太郎議員が率いる、れいわ新選組が貧困ビジネスをしているという立花孝志議員の指摘についてとネットの反応を見ていきました。

意図的にそうしているのかはわかりませんが、客観的に見ていくと

  • 公約実現が不可能に近いと言われている
  • 貧困層に人気がある
  • 選挙活動資金の一部が献金

と言った点から貧困ビジネスと批判する人が出てくるのは仕方ないのかなと思いますね~

選挙資金が潤沢にあるわけではないので仕方ないのか?

はたまた、出来ないと言い続けてお金を得続けたいのか?

皆さんはどう思われますか?

では最後までご覧いただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

 

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です