sukekiyo【candis】MV考察!昭和歌謡曲で夜のヒットスタジオ~振り付けと衣装も

sukekiyo  candis MV 考察 振り付け 夜のヒットスタジオ 衣装
スポンサーリンク




こんにちはカポです!

あのDIR EN GREYのボーカル京さんのソロプロジェクトのバンドsukekiyoが 最新音源映像集『SALUS』収録の「candis」のMVを11月20日に公開しました。

そのMVが斬新すぎると話題になっています。

これまではミステアスでホラーな世界観が目立っていました。

しかし、今回のMVは昭和歌謡曲風でこれまでとは違ったテイストのものとなっています。

そこで「sukekiyo【candis】MV考察!昭和歌謡曲で夜のヒットスタジオ~振り付けと衣装も」と題して

sukekiyoの【candis】MVについて考察していきます。

それでははりきっていきましょ~




sukekiyo【candis】MV考察!

これまでのMVとは全く異なるテイストで完全に昭和のテレビ番組を彷彿とさせる物となっていますね。

MVの最初に「真夜中のヒットスタジオ」とでてくるので、おそらく昭和の歌番組「夜のヒットスタジオ」パロディですね。

その他にも黒柳徹子さん風の女性司会者が登場もしています。

黒柳徹子さんが司会の歌番組として有名なのが「ザ・ベストテン」ですので、そこもパクっている感じがします。

なのでいろいろな昭和歌番組が入り混じっている設定になっていますね!

そして曲が始まる前には

sukekiyoのみなさんは音に対して、とてもマニアックなこだわりがあるそうです。
カセットテープはメタルしか認めないそうです。
すごいですね~。
ちなみに、ボーカル京さんの好きな女子プロレスラーはブル中野選手だそうです。
そんなsukekiyoがお送りします!
candis!

と司会の方の長い口上があります。

このあまり関係ないことも紹介するあたりが昭和歌謡曲って感じしますよね。

楽曲自体が80年代のポップスを思わせるものとなっていますので、曲の雰囲気にMVの設定を完全に合わせに言っている感じがしますね!

おそらくは昭和アイドルの雰囲気を意識しているのだと思いますが、京さんが歌うと全く別物に感じますね~(笑)



sukekiyo【candis】MV京の振り付けと衣装が昭和アイドル

今回のMVはボーカル京さんが昭和アイドルのような設定になっていますよね。

上記ツイートの方を参考にすると、中森明菜やwinkのような雰囲気をを感じるとのことです。

確かに、中森明菜、wink、松田聖子など昭和を代表するアイドルを彷彿とさせますね。

特に京さんがサビでやっている踊りはwinkの「淋しい熱帯魚 」の振り付けとよく似ています。

本家winkのMVと比較していただくと、サビのあたりの振り付けがよく似ていることがわかると思います。

上記の方がMVの京さんの画像をツイートしてくれていました。

こちらの画像で衣装をよく見てみると、スケスケのシースルーでロングスカート全身黒のゴシックなコーディネートになっていますね。

顔につけている、真珠のようなアクセサリーもとても目立っています。

ここまで奇抜ではないかもしれませんが、中森明菜さんのようなクールな昭和アイドルが着ていてもおかしくないようなそんな衣装ですね。

京さんのメイクやタトゥーのインパクトが強すぎて全然別物に見えてしまいますが(笑)

まとめ

今回は「sukekiyo【candis】MV考察!昭和歌謡曲で夜のヒットスタジオ~振り付けと衣装も」と題して

あのDIR EN GREYのボーカル京さんのソロプロジェクトのバンドsukekiyoの最新音源映像集『SALUS』収録の「candis」のMVを考察して見まいた。

昭和歌謡曲や当時の歌番組をイメージさせるMVとなっていて、京さんは衣装や振り付けなど昭和アイドルでした。

しかし、京さんがやると全く別物です(笑)

是非今回紹介した部分に注目してもう一度「candis」のMVを見てみてください。

では最後までご覧いただきありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう!

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です