レジ袋を無料に戻す可能性は?意味ない廃止との声とメリットまとめてみた!

スポンサーリンク








こんにちは!カポです!

見事総裁選を制した岸田文雄さんが臨時国会で首相指名され第100代総理大臣になりました。

これからは岸田文雄内閣としてどんな政策を打ち出していくのか楽しみです!

そして岸田内閣発足までの間の準備段階で人事ががらりと変わりこちらも注目されていますね。

様々気になるところはありますが、ネットを中心に話題になっているのが

小泉進次郎氏が環境相から外れ新たに山口壮氏が環境相となったことです。

これによりネット上では「レジ袋無料に戻る?」と期待の声が上がっています!

そこで今回は「レジ袋を無料に戻す可能性は?意味ない廃止との声とメリットまとめてみた!」と題して

岸田内閣発足で環境相が変わったことによるレジ袋を無料に戻す可能性があるのか?

意味がないとの声や廃止しろとの声がどれくらいあるのかなど見ていきます!

岸田さんレジ袋無料に戻すだけで好感度爆上がりしそうですよ~(笑)

それでははりきっていってみましょ~!

スポンサーリンク

レジ袋を無料に戻す可能性は?

菅政権時に小泉進次郎元環境相が環境問題改善政策の一つとして提案したのがレジ袋有償化だったわけですが

環境相が変わったことによりレジ袋が無料に戻る可能性は大いにあるのではないかと考えます。

まずその理由としては推し進めてきた小泉進次郎元環境相が自民党執行部や閣僚からは外れる見込みなので

もう小泉進次郎氏は口出しできないということ。

そして思った以上に世論の声が大きいことも大きな要因となりそうです。

やはり日常生活への影響がかなり大きく、店側も客側もかなり辛かったようです。

小泉進次郎氏が環境相から外れることが決まった瞬間に「レジ袋無料に戻して」とTwitter上やヤフーコメントで

要望が殺到していたようなので声としてはかなりでかいですね。

そして岸田文雄首相が常々言っている「人の話をよく聞き、納得いくまで説明する」というスローガン的なヤツ?(笑)を考えると

こんな大きな世間の声聞かないわけにはいきませんよね(笑)

さらに「レジ袋無料に戻すだけでも岸田内閣評価できる!」とコメントされる方がいるくらい

沢山の人に喜ばれるのでレジ袋無料に戻すだけで好感度が上がり支持率も上がる可能性十分あります!

と岸田内閣にもメリットが大きいですよね。

僕としてもここで岸田内閣がレジ袋無料に戻してくれたら庶民の日常をちゃんと考えてくれているな~と思いますね~

レジ袋を無料に戻すメリットは?

レジ袋を無料に戻すメリットはととしてまずは先ほども説明した。

世間の声が大きい分、間接的に支持率に繋がる可能性が高いですよね。

本当岸田さんからしたら元に戻すだけで当分安泰なんだからコスパ最強ですよね(笑)

あとやっぱり買い物する際に店側も客側もレジ袋有無を考えるという手順が一つ増えるので

それが無くなるだけでいいですよね。

僕みたいな貧乏人はなんでもケチるのでビール買った時とか手で持って

せっせと帰ったりします(笑)

あと読売新聞が生活安全課に取材したところ

レジ袋有料化でエコバックを使う人が増えた為、万引きが増えたようです。

7、8月各月の万引きの認知件数が1~6月平均よりも増えたことが静岡県警生活安全企画課のまとめで分かった。県警は、レジ袋が7月に有料化され、買い物でエコバッグを持参する消費者が増えたことが背景にあるとみている。今月14日には小売店などの責任者を集めた防犯責任者対策会議が静岡市内で開かれ、万引きされにくい店舗づくりを話し合った。

 生活安全企画課によると、1~6月の万引きの認知件数は月平均で188件だったのに対し、7月が213件、8月が222件となった。客がバッグを持参し、精算前に商品を袋に入れて会計を済ませたように装うケースがあるという。

 14日の対策会議の報告によると、店に精算済みの商品が入った袋を忘れた高齢者がいた。店員が袋の中にあったレシートと商品を照らし合わせると、精算していない商品も入っていた。高齢者に事情を聞くと、万引きを認めたという。

 会議で講師を務めた静岡大教職センターの金子泰之さんは、2009年まで万引き件数が全国ワーストだった香川県の対策事例を紹介し、「店での客への声がけが大切」などと、万引きされにくい店舗のポイントを指摘した。県警生活安全企画課の鈴木剛課長は、「万引き被害は全刑法犯に占める割合が大きく、数を減らすのが課題だ」と話した。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/national/20201018-OYT1T50220/

僕もテレビで見たことありますけどレジを通さずエコバックに商品を入れるのって

気づきにくいようですよ。

とまあこんな感じで

レジ袋を無料に戻すことによるメリットは多々あります!

メリットというよりデメリットを解消できるといったほうがいいもしれませんが(笑)

レジ袋有料化意味ない廃止しろとの声

そもそもレジ袋有料化自体が意味ないから廃止したほうがいいという声は発表された当時から沢山あったわけです。

なので無料に戻しても問題ないという意見は今も沢山あるわけですね~

環境対策でレジ袋を有料化しても意味がない

出費が増えるだけとのこと

確かに有料になったというだけでごみ袋始めとするビニール袋の生産をやめたわけではないので

意味がそこまであったのかわかりあませんね(笑)

 

プラスチック原料が石油って多分知ってる人が大半なように思いますが(笑)

確かにこんな人が決定権もつ大臣だったなんてマジでヤバいかもです(笑)

そしてこちらの記事を見てみると

レジ袋有料化で消費者の行動は変わったようですが

  • ポリ袋の生産量は変わってない
  • マイバックなど生産の方が環境負担が大きい

とのことです。

マイバック購入量がかなり上がっているはずなので

逆に環境に悪いことをしたのかもしれません(笑)

これは意味ない廃止しろとの声が多く出ることも仕方ないのかもしれませんね~

 

まとめ

今回は「レジ袋を無料に戻す可能性は?意味ない廃止との声とメリットまとめてみた!」と題して

レジ袋を無料に戻す可能性とそのメリットや

そもそも意味がないから廃止しろとの声ににつて深堀していきました!

環境対策として有料化すれば使用量も減るだろうという理屈はわかりますが

メリットとデメリットを天秤にかけたとき、デメリットが大きすぎることや

そもそもあんまり意味をなしてないことがわかってしまったので

個人的にも早くレジ袋無料に戻してほしいと思う今日この頃です(笑)

では最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう!

さよなら~!

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です